ARTIST INFO 作家詳細

清宮質文

清宮質文の高価査定ポイント

作家評価 大正~平成にかけて活躍し、人々の心を魅了した木版画家。ノスタルジックな茫洋とした作品は、簡潔なようで非常に奥深さをあたえている、みる人の心にしみ入るような静謐で詩的な心象世界を描く作風が特徴です。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来る直筆作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 「黒衣の鳥」「猫」「蝶」など「動物」を描いた作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

澄んだ深い青を背景に浮かぶチョウ。周辺には白い光の玉が配されていて、ともに宙を舞う。画面全体は深い青が支配していて、奥深い空間が何か悲しみに似た感情を呼び起こします。瓶の上をただ蝶が舞う。漆黒の闇の中一つの光。清宮質文は買取評価の高い作品ですので、高額査定が期待できます。

繊細で詩情にあふれている。無限に広がる叙情の詩。穏やかで静か、見る者の心を浄化するような清らかな空気に包まれている。心の安寧や温かさを求めていたのか。漆黒の闇の中蠟燭の明かりが一筋の希望。清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

清宮質文は切り詰めた形と深く澄んだ色彩によって、小さな木版画の中に無限に広がる内的空間を創り出して来ました。今作も湖に眠る巨大魚とそれを見守る惑星軍が非常に神秘的で考えさせられる作品です。清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

清宮質文は版画はもともと複製の技術であることから、複数性を持つことを特徴とします。しかし清宮質文は、同じ版木を用いながらも異なる摺りを行ったり、あるいはひとつの版につき数枚しか摺らなかったりするなど、版画の持つ、絵筆では表せない美しさ・面白さを追求し続けました。今作も夕方に浮遊する物体を捉えた彼独自の視点から刷り上げられています。清宮質文は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

清宮質文はあわれな人間達の一人である私は、この人間の心の奥底の「かなしみ」にひかれると言う。 人はみな孤独で何らかの悲しみを抱えて生きている。清宮質文はそれに共感し、ひたすら木版を刻んで、版画を製作し続けた。どこか淋しく、何処か悲しい、アンニュイな絵柄だ。作家の心情を表している。清宮質文は人気が高く需要も高い為、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

清宮質文は自らの内なる世界を生涯旅し、切り詰めた形と深く澄んだ色彩で、小さな木版画の中に無限に広がる叙情の詩をうたい続けている。清宮質文の版画と向き合うとどことなく、安らいだ気持ちになる。余計なものをそぎ落とした簡素な世界だが、その奥には大きな心の心象風景が広がっている。清宮質文は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

エドヴァルド・ムンクの版画に強い感動を覚え。独自の版画表現に発展させました。清宮質文は多くの職業分類の中から一番抵抗のないものを選ぶとすればそれは詩人に該当するのではないでしょうか。海辺の五月の夜明け。冷たい独特な風が吹く。清宮質文は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

どれくらい歩いただろうか。街灯も暗く、時間が永遠に感じる。ふと顔を上げてみると、一つの花火がぱっと咲いて散っていった。永遠に感じた時間が一瞬で戻ってきたのだ。美しくも儚い作品となっている。詩的に表している清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

小さな鳥が叫んでいる。静まり返った誰もいない空へ何を訴えているのだろうか。どこか寂しく、哀愁漂う作品となっている。鳥が描かれている作品人気です。清宮質文は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

切子のガラスの輝きが乱反射してまるで夜空の星々のように輝いています。一部屋の小宇宙、幻想と空想とロマンが入り混じる素敵な作品です。買取相場は60万円~70万円前後の価格となります。清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

陽もすっかり暮れて、気付けば就寝の時間。寝床で母が蝋燭片手に寝かしつけの話をしてあげています。どこかストーリー性を感じ取れる作品であり、木版画らしい湾曲した輪郭線が、古くもどこか懐かしさのある母の愛情を表現している。清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

とおい昔を想ってその場で浮遊している。それは魂となってしまっても、その思いは変わらないままである。「限りある時間の中で、今を精一杯生きろ!それは後悔となるのか、栄光となるのか。それは自分次第である」そう思わせるような、抽象的作品となっている。平明なかたち、控えめな色彩をつかって摺り出された作品は、ひっそりとしていて、なにごとか声高に主張するわけではありませんが心に染みわたります。清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

夕日が沈む、今日の1日が終わる、それは猫とて同じ、時間だけは唯一全ての物に平等に与えられた物。メッセージ性の強い作品。買取相場は40万円~45万円前後の価格となります。清宮質文は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

可愛がっていた通い猫がそのままの姿勢で亡くなってしまった。薄いブルーで描かれた背景の濃淡は、限りある命が終わり生から死へと移るように、光が遠のいているのだろうか。だがそこには恐怖はなく、ただ時に流れを純粋に描いている。猫をはじめ、動物が描かれている絵柄はなんだか愛らしい。清宮質文は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

大海から離れた子魚を横たわり見つめる女性、孤独か闇か自身を投影した姿なのか、、、哲学的作品も多く心に訴えかける。買取相場は45万円~50万円前後の価格となります。清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

蝋燭の光の揺らめき、欠けていく三日月、まるで静寂の中、命の灯にも感じる詩情あるれる作品。主役は1本のろうそく。静かにゆらゆらと燃える炎。傍らに寄り添っているのは月。炎と月明かりが闇の扉をわずかに開ける。画面の隅々まで静寂が支配して深遠。買取相場は25万円~30万円前後の価格となります。清宮質文は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

深海のような光が届かない世界、そこはまるで心を浄化する清らかな空間、詩人ならではの可能性を追求した意欲作。買取相場は20万円~25万円前後の価格となります。清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

小屋に閉じこもり悪い占いに怯えていたが、凶星が去り安堵している。古今東西信じ続けられている星占い。時代を遡る程、人間の生活においてより重要度を増してくる。人間の内面をそのまま表している。清宮質文は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 清宮質文
PAGE TOP