ARTIST INFO 作家詳細

清宮質文

清宮質文の高価査定ポイント

作家評価 大正~平成にかけて活躍し、人々の心を魅了した木版画家。ノスタルジックな茫洋とした作品は、簡潔なようで非常に奥深さをあたえている、みる人の心にしみ入るような静謐で詩的な心象世界を描く作風が特徴です。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来る直筆作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 「黒衣の鳥」「猫」「蝶」など「動物」を描いた作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

切子のガラスの輝きが乱反射してまるで夜空の星々のように輝いています。一部屋の小宇宙、幻想と空想とロマンが入り混じる素敵な作品です。弊社では探しているということもあり高額査定に繋がりやすいです。

夕日が沈む、今日の1日が終わる、それは猫とて同じ、時間だけは唯一全ての物に平等に与えられた物。メッセージ性の強い作品の為弊社では高価買取致しております。

大海から離れた子魚を横たわり見つめる女性、孤独か闇か自身を投影した姿なのか、、、哲学的作品も多く、人気が高い為高価買取中です。

蝋燭の光の揺らめき、欠けていく三日月、まるで静寂の中、命の灯にも感じる詩情あるれる作品は集めている作品の為、多少状態が悪くても高額査定させていただきます。

TOP > 買取ジャンル > 清宮質文
PAGE TOP