BUYING INFO 作品詳細

われむかしの日いにしえの年をおもえり

                 
作家 清宮質文 / セイミヤ ナオブミ
作品 われむかしの日いにしえの年をおもえり
技法 木版
コメント とおい昔を想ってその場で浮遊している。それは魂となってしまっても、その思いは変わらないままである。「限りある時間の中で、今を精一杯生きろ!それは後悔となるのか、栄光となるのか。それは自分次第である」そう思わせるような、抽象的作品となっている。平明なかたち、控えめな色彩をつかって摺り出された作品は、ひっそりとしていて、なにごとか声高に主張するわけではありませんが心に染みわたります。清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。
買取価格 ※詳細はお問い合わせください。

シミュレーション結果をみる

TOP > 買取ジャンル > 版画家 > われむかしの日いにしえの年をおもえり
PAGE TOP