BUYING INFO 作品詳細

行手の花火

                 
作家 清宮質文 / セイミヤ ナオブミ
作品 行手の花火
技法 木版
コメント どれくらい歩いただろうか。街灯も暗く、時間が永遠に感じる。ふと顔を上げてみると、一つの花火がぱっと咲いて散っていった。永遠に感じた時間が一瞬で戻ってきたのだ。美しくも儚い作品となっている。詩的に表している清宮質文は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。
買取価格 ※詳細はお問い合わせください。

シミュレーション結果をみる

TOP > 買取ジャンル > 版画家 > 行手の花火
PAGE TOP