ARTIST INFO 作家詳細

篠田桃紅

篠田桃紅の高価査定ポイント

作家評価 大正~現在に至るまで活躍している抽象画家。墨と色、線と面の対比の妙にみる幽玄美と叙情性によって、目に見えるものではなく、心や感情といった不可視なものを形にしてきた、墨象(ぼくしょう)と呼ばれる墨で描く抽象画が特徴です。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来るオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 作品の出来により評価が大きく変わるが探している作品なので高価買取に繋がりやすい傾向があります。   特に「金箔銀箔プラチナ箔」や彩色が入っている作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。

黒い長方形と線がまるで求め合うように寄り添っています。それはまさに二重奏のように響き合っているような作品。買取相場は20万円~23万円前後です。篠田桃紅作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

長方形と鋭い線が織りなすハーモニー、まさに即興曲のような動きと広がりを感じる篠田桃紅らしい作品です。買取相場は20万円~23万円前後となり、今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取致しております。

空虚な空間に黒い影、そぎ落としたかのような細い線の描写は人の歩行にも見える。限りなく細い描写はまるで囁きかのよう。篠田桃紅作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

墨で陰影や造形を表現、まるで着物の生地が重なったような質感を墨一色で表す熟練の技に圧巻。センスの高い篠田桃紅作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待出来ます。

TOP > 買取ジャンル > 篠田桃紅
PAGE TOP