ARTIST INFO 作家詳細

篠田桃紅

篠田桃紅の高価査定ポイント

作家評価 大正~現在に至るまで活躍している抽象画家。墨と色、線と面の対比の妙にみる幽玄美と叙情性によって、目に見えるものではなく、心や感情といった不可視なものを形にしてきた、墨象(ぼくしょう)と呼ばれる墨で描く抽象画が特徴です。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来るオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 作品の出来により評価が大きく変わるが探している作品なので高価買取に繋がりやすい傾向があります。   特に「金箔銀箔プラチナ箔」や彩色が入っている作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。

黒い長方形と線がまるで求め合うように寄り添っています。それはまさに二重奏のように響き合っているような作品。買取相場は20万円~23万円前後です。篠田桃紅作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

長方形と鋭い線が織りなすハーモニー、まさに即興曲のような動きと広がりを感じる篠田桃紅らしい作品です。買取相場は20万円~23万円前後となり、今後の相場上昇も期待出来きます。篠田桃紅は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

月へと戻るかぐや姫を包み、軽やかに風のように運び去る羽衣のように。シンプルに昇華されたとどめ得ぬものの美しさ。墨の濃淡とダイナミックな筆跡が潔い。篠田桃紅の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

空虚な空間に黒い影、そぎ落としたかのような細い線の描写は人の歩行にも見える。限りなく細い描写はまるで囁きかのよう。篠田桃紅作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

東洋の伝統と現代アートが統合され、美しさが際立つ。左右分割、明暗対照、朱の赤の効果。縦に走る力強い連続線など洗練された代表作。篠田桃紅は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

祖先の徳をたたえる祭典用の詩を表す、頌という文字をモチーフに、抽象画へと昇華した美しい作品。余白に広がる世界と、余計な物がそぎ落とされ凝縮した一筋の線が美しい。静かで凛とした空気を感じる。篠田桃紅は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

墨で陰影や造形を表現、まるで着物の生地が重なったような質感を墨一色で表す熟練の技に圧巻。センスの高い篠田桃紅作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待出来ます。

しがらみから解放され、飛びたつかのような線。しなやかに強く生きる人の生を強く、現したかのように。眺めるたびに力を分けてくれる。篠田桃紅は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

柔らかな風を受け、颯爽と走り抜ける帆船。一瞬にして去る風の形を捉えたような爽やかかつ、背中を押される作品。篠田桃紅は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

地球を包み込む月の柔らかな明かり。二つを繋ぐ確かな絆。美しい墨の濃淡に墨と100年生きて来た篠田桃紅の生き様が見える。篠田桃紅の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

墨の重なりやにじみの中に銀泥が美しく現れる。日本の伝統に裏付けられたフォルムが際立つ、優美で繊細な作品。篠田桃紅は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

重なり合い、にじみ出る墨の塊から萌え出づる生。朱の伸びる勢いを感じる。余白の重要性も増し、深遠な空間が醸成する。篠田桃紅は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

リトグラフは版画摺り氏師の木村希八と共に協働。シンプルでいて柔らかく、かつ決然とした造形。墨が持つ可能性を極限まで引き出した、究極の作品。篠田桃紅は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

TOP > 買取ジャンル > 篠田桃紅
PAGE TOP