ARTIST INFO 作家詳細

斎藤清

斎藤清の高価査定ポイント

作家評価 明治~平成にかけて活躍し、独学で独自の木版画技法を確立した版画家。浮世絵版画の技法や西洋作家の近代的造形を取り入れた純朴で詩情あふれる画風が特徴です。
技法評価 「木版画」は温もりが感じられ人気です。斎藤清を代表する技法でもあり、高価買取に繋がりやすい作品が多いです。
絵柄評価 「猫」の作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。特に密集した猫の造形と空間を木版画の魅力充分に見事に表現した「猜疑」は探している作品ということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

一点集中で足元を凝視する黒猫。左右の目の大きさが違うことから、目を凝らして集中していることがわかります。猫は人間と比べて非常に聴覚が発達していると言われており、私たちに感じ取れない何かが、そこにはあるのかもしれません。猫シリーズは人気のシリーズです。斎藤清は、探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

すっと現れ、手を差し伸べてくれる漆黒の釈迦は我々を優しく見守り、穏やかな表情は慈愛に満ちている。 斎藤清の古い作品ですので、状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

様々な毛並みの猫たちが座ってくつろいだり、じゃれ合ったりして非常にリラックスしています。猫たちの愛らしい日常のワンシーンを切り取った作品は猫好きの方に人気があります。まるで影絵のような構図と表現が哀愁を漂わせます。 斎藤清は、愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

富士山の麓の広大な牧場でのどかに過ごす乳牛、モノクロームのコントラストで表した乳牛は高次なアートに昇華されている。斎藤清は、全国的な人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

静寂で薄暗く、ディープな雰囲気を醸し出す裏路地。鉄格子の階段や煙突がレトロ感を一層引き立てます。もしかしたらこの先に何かあるかもしれないと、一歩足を踏み入れたくなるような作品です。斎藤清の珍しい作品で、相場に左右されにくい為、高値買取価格にて査定しております。

今年もパリに寒い冬がやってきました。道行く人たちの中には身を寄せ合い、寒さを凌いでいます。パリの冬は曇り空が多く、今作でもモンマルトルの何気ない日常を描いています。壁や道路の質感から寒さが伝わります。斎藤清は、愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

福島の会津は今年も厳しい冬が来ます。その前の秋の実りと言えば柿。会津の人たちの雪の積もる前の嬉しい収穫の時期です。斎藤清の何気ない会津の日常の作品は人気が高い為、弊社では高価買取致しております。

猫の背伸びや無邪気に遊ぶさまを滑稽に表しています、しかしながら簡素化された配置と造形は絶妙でデザイン性が非常に高い作品。斎藤清は、探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

会津で生まれ、自然の厳しさと白銀の世界の美しさ、さらに幻想的な雪のシルエット、己の原点ともいうべき会津を描いた作品。斎藤清の探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

黒色と白色の猫がギョロリと睨む先は黄色いチョウチョ。牽制し合う2匹の仲裁に入ったかのような和やかな1枚。強いコントラストと太い線がシンプルでセンスを感じさせます。斎藤清は、愛好家らに親しまれる作品が多いので高額査定が期待出来ます。

身を寄せ合いテリトリーを守る猫。繊細で警戒心の強い無数の懐疑的瞳が印象的な作品。斎藤清は人気が高く需要も高い為、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

PAGE TOP