ARTIST INFO 作家詳細

ルオー

ルオーの高価査定ポイント

作家評価 1871年~1958年にかけて活躍した洋画家。光沢のある厚塗りの画面と、黒の太い輪郭による朱紅、紺、緑などの強い色彩で、社会的な不正義に対する怒りと悲しみを描く作風が特徴です。
技法評価 作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。特に版画作品の原画は高価買取に繋がりやすい傾向があります。
絵柄評価 「十字架上のキリスト」「秋」「ミセレーレ(挿画本)」「曲芸師」「アマゾン」「苦いレモン」などは探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

骨太の輪郭線で今までに無かったマリア像を描いています。社会の底辺をよく描いたルオーは人々に救いと希望をもたらす為に描いた作品は、人気も高く高価買取致しております。

笑い物に徹するピエロ、鋭い眼光は老いても尚続ける本職ならではのプライドを感じ取れる一点。人気作家の為高価買取致しております。

PAGE TOP