ARTIST INFO 作家詳細

ルオー
の買取価格・高額査定ならミライカ美術にお任せください

ルオー作品を他社よりも高い買取価格で査定しています。
買取査定のポイントや査定シミュレーションを使ってお手持ちの
ルオー作品の買取情報を確認されてください。簡単LINE査定も受付中
           

ルオーの買取査定のポイント

作家評価 1871年~1958年にかけて活躍した洋画家。光沢のある厚塗りの画面と、黒の太い輪郭による朱紅、紺、緑などの強い色彩で、社会的な不正義に対する怒りと悲しみを描く作風が特徴です。
技法評価 作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。特に版画作品の原画は高価買取に繋がりやすい傾向があります。
絵柄評価 「十字架上のキリスト」「秋」「ミセレーレ(挿画本)」「曲芸師」「アマゾン」「苦いレモン」などは探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

ルオーの買取価格情報

ルオー この暗き時代に、地の果てより聖母は見守る  エッチング

2度の世界大戦を経て、この世の救いというものがキリストの無償の愛によってもたらされるのだというメッセージを、作品を通して発信し続けました。ルオーの描くこの女性の姿にも、神への切なる祈りの気持骨太の輪郭線で今までに無かったマリア像を描いています。社会の底辺をよく描いたルオーは人々に救いと希望をもたらす為に描いた作品。ジョルジュ・ルオーは、愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

ルオーは鮮やかな色彩表現と、黒くて太い輪郭線の多用します。教会の窓ガラス装飾などに用いられるステンドグラスをイメージし描くのでこのような構成になります。このピエロも輪郭が太く、愛くるしい表情が目を引きます。ルオーは、探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

人間の苦悩、慈愛や赦(ゆる)しを表現したルオー。生涯にわたって「受難」や「キリスト像」を描き続け、人々に生きる道しるべを示した作品。ルオーは、愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので、高価相場での査定価格が期待できます。

笑い物に徹するピエロ、鋭い眼光は老いても尚続ける本職ならではのプライドを感じ取れる一点。ジョルジュ・ルオーは、全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

ルオーは、敬虔なカトリック信徒でしたが、あくまでも自分は画家であるという立場を崩しませんでした。しがない一人の曲芸師の人生。底辺でもがく者を描くことで、作品を通し多くの人に訴えかけてきました。ルオーは、強化買取作家という事もあり、高価相場価格で買取査定しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
PAGE TOP