ARTIST INFO 作家詳細

名和晃平

名和晃平の高価査定ポイント

作家評価 昭和~現在に至るまで活躍し、国内外で高く評価されている現代アート作家。「PixCell=Pixel(画素)+Cell(細胞・器)」という独自の概念をもとに、様々な素材やテクノロジーを用いて先鋭的な彫刻、空間表現を展開し続ける作家です。
技法評価 作家を代表する「立体作品」は流通量も少なく高価買取に繋がりやすい傾向があります。
絵柄評価 モチーフをまるごと透明の球体(ビーズ)で覆った「PixCell」や、モチーフを虚像として彫刻化する「PixCell」シリーズのひとつで、プリズムシートを用いた「PRISM(プリズム)」は探している作品ということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

化学の世界では粒子の集団をMolという単位で物質の量を表しています。ビーズのような集合体が織りなす規則性のある形は、何かの分子のように表現されています。買取相場は40~50万前後となります。名和晃平は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

ビーズの集合体のように形成されたこの作品は雷神像をモチーフにして作られています。立ち姿と太鼓が大小さまざまな大きさのビーズによってリズミカルに表現されています。買取相場は60~80万前後の価格となります。名和晃平は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

オブジェクトの表面に苔や菌糸のような細かい毛のような突起を付着させている「Velvet」シリーズ。鹿が凛々しく佇んでおり、身体の捻じれがアクセントとなってスマートな印象となっている。買取相場は150万円~180万円前後の価格となります。名和晃平は現在注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取しております。

透明な球が寄り集まり鍵の形に形成されています。まるで細胞形成のDNAの鍵のように、解明出来たら全てが分かる魅力に満ちている作品です。買取相場は160万円~180万円前後の価格となります。名和晃平は現在注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取しております。

Pixel(画素)とCell(細胞・器)が融合した「PixCell」の概念を基軸に、素材が持つ特性と最先端の技術をかけ合わせた技法。そのPixCellで靴を名和晃平らしく表現した作品。買取相場は200万円~220万円前後の価格となります。名和晃平は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取しております。

垂直に張ったキャンバスの上端から顔料を滴らせて制作される平面作品です。白と黒のコントラストが斜めのバーコードのよう織りなす作品。上下のDIRECTIONという文字がデザイン性を非常に高めている。名和晃平は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

名和晃平の作品で有名なモチーフにビーズを張りつけている作品『BEADS』において彼は「目の前にあるモノがあるかはわからない。しかし、のぞき込んで見るとそこには明確に物体の皮膚や表面が現れてくる」と言われています。今作のビーズも独自の配列で愛らしいピノキオ像を生み出しています。名和晃平は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

2002年の版画作品シリーズElementは、描画の材料や方法を変え、ある構造の要素(テクスチャ、フォーム、フラグメント、アーキテクチャ)としてのドローイングをシルクスクリーンの版に置き換えたシリーズです。名和晃平は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

「音と彫刻」をテーマとした作品。名和晃平がノマルとのコラボレーションで彫刻にスピーカーを組み合わせたユニークな立体作品"Trans - Speaking"シリーズです。音の波動がスピーカー自体にも伝わって見える不思議な作品。寄り添う二人が共鳴し合う。名和晃平は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

PixCellとは、「Pixel(画質)」と「Cell(細胞)」を合わせた造語。鹿などの対象となるオブジェクトをガラスビーズで覆い、その存在を「光の殻」に置き換える彫刻作品です。パソコンの画面でオブジェクトを見るときのような「映像の細胞」という新たなビジョンを提示していて、グローバリズムと高度情報化の現代を表した作品です。名和晃平は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

名和晃平がギャラリーノマルの工房「版画工房ノマルエディション」と共に初めて取り組んだ仕事。シルクスクリーン製版用のフィルムに純粋に手描きで描画したメージを製版、プリントした作品。迫る来る渦が立体的に飛び出てきそうな絵柄。見る者を退かせそうな迫力のある作品。買取相場は7万円~10万円前後の価格となります。名和晃平は全国的にも人気を集めていますので高額査定が期待できます。

2002年の版画作品シリーズElementは、描画の材料や方法を変え、ある構造の要素(テクスチャ、フォーム、フラグメント、アーキテクチャ)としてのドローイングをシルクスクリーンの版に置き換えたシリーズです。名和晃平は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

露光機の上に直接髪の毛や食材をまいて、そのまま製版に用い、細かく表情の異なる版を7版刷りに重ねて印刷した作品。複雑に色が混ざり合いまるで大宇宙のような壮大な作品。名和晃平は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

「音と彫刻」をテーマとした作品。名和晃平がノマルとのコラボレーションで彫刻にスピーカーを組み合わせたユニークな立体作品"Trans - Speaking"シリーズです。音の波動がスピーカー自体にも伝わって見える不思議な作品。人物の顔から音が出るシュールな造形。名和晃平は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 名和晃平
PAGE TOP