ARTIST INFO 作家詳細

LY(リー)

LY(リー)の高価査定ポイント

作家評価 現在に至るまで活躍している現代アーティスト。ペインター。東京生まれ。白と黒とグレーを使い、海外で訪れた街並みや、幼い時から妄想していたランドスケープ(風景)を描く。その風景には自身の気持ちや想いを投影したモンスターが彷徨う。東京を中心に、アメリカ、パリ、バンコク、マレーシアなど国内外でミューラル(壁画)を残している。高校生の時からハーモニー・コリンが神様。
技法評価 主にアクリル絵具で製作。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 大きな瞳と真っ黒なモンスターの絵柄は人気で評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

LY(リー)の気持ちの化身と言える黒いモンスターが頭の中に住んでいたのだという。なぜ「壁」にそのモンスターを描くのか。リアリティを追求するのは、LY(リー)には本当にモンスターが彷徨う世界が見えているからだろう。オモハラの巨人はきっとあなたの街にも現れる。買取相場は35万円~40万円前後の価格となります。LY(リー)の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

巨人の大きさを物語る空を埋める無数の雲。三匹のオモハラの巨人が無言で進行している。そう、今度はあなたの街の壁や建物にオモハラの巨人が登場し、観る者を魅了するかも。LY(リー)は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

颯爽とスケートパークに向かうオモハラの巨人。無表情だが、その足取りから喜びが伝わるシュールな絵柄。買取相場は35万円~40万円前後の価格となります。LY(リー)の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

塊根植物ブームの火付け役として知られる「Botanize(ボタナイズ)」とのコラボ作品。オシャレに観葉植物が飾られているショップから眺めるストリート。?!代名詞のオモハラの巨人が居ない、いやいやなんと額縁の中に逆さまに隠れている滑稽な絵柄。イテリア性も高く、ほのぼのさせてくれる作品。買取相場は35万円~45万円前後の価格となります。LY(リー)は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

両腕で大きく自分を包み込み座っているオモハラの巨人。背景は何もなく、ただ自分を見つめ、孤独と向き合う作者の昔の心境が読み解ける作品。LY(リー)の珍しい作品ということもあり、高値相場での査定価格が期待できます。

ノスタルジーなモノクロの街を黒いモンスターが徘徊する。幼い時から想像していたランドスケープ(風景)と自身の気持ちや想いを投影したモンスターを日々描き続ける異色の作風。買取相場は25万円~30万円前後の価格となります。 LY(リー)の珍しい作品ということもあり、高値相場での査定価格が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > LY(リー)
PAGE TOP