ARTIST INFO 作家詳細

駒井哲郎

駒井哲郎の高価査定ポイント

作家評価 大正~昭和にかけて活躍し、銅版画の普及と地位向上に貢献した版画家。モノクロームの世界で、自己の内面、夢などを表現し続け、緻密な線刻による抒情あふれる幻想的な作風が特徴です。
技法評価 「リトグラフ」より「エッチング・アクアチント(銅版画)」の方が評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 「束の間の幻影」「芽生え」などの「抽象画」は探している作品ということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

駒井哲郎は言う。芸術家にとって大切なのは、なんらかの新しい、独自の思想だと思う。画家は描くことつまり素材の自由な駆使によって、思索の動機をとらえ、同時に創作の世界に入っていくのが本当だ。銅版画なら銅版画でなければできない独自の世界が開けていく。鮮やかな黄色を駆使し、明るく柔らかな世界も描き出す駒井哲郎。家族が集う家はやはり温かさの象徴。駒井哲郎は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

ミロを彷彿とする抽象画。駒井哲郎の画風は緻密な表現を晩年まで続けていてそうした緻密な表現と抽象的な画風が右往左往し、一見相反する画風というのを追求して銅版画の意味を拡大させていきました。駒井哲郎の珍しい作品で、相場に左右されにくい為、高値買取価格にて査定しております。

まるでキュビズムを黄金比でなぞらえたような作品。各部位は抽象的ながらも、緻密な描写となっている。モノクローム作品が多い駒井哲郎の比較的数が少ない色彩作品となっている。駒井哲郎の珍しい作品ということもあり、高値相場での査定価格が期待できます。

駒井は木版画家や洋画家との交流から、独自の手法を見出していく。戦後に参加した版画研究会「一木会」主催者である木版画家の恩地孝四郎からは、レースや木の葉を直接銅版に転写するマルチブロックという技法に影響を受けました。夢と狂気のあわいを彷徨う幻想の宇宙。今作は黒いインクと白い紙の中で豊かな表情が見事に立ち上がっている作品です。買取相場は80万円~100万円前後の価格となります。弊社では探しているということもあり高価買取に繋がりやすく、高額査定が期待できます。

日本の抽象絵画の創設した一人ともいわれ、木版画の研究会である「一木会」を創設した一人、恩地孝四郎。その「一木会」の同人となり、駒井哲郎に大きな影響をもたらした。作品名の「頌」という字から恩地孝四郎を讃えており、お酒を飲みながら思いを馳せていることを、駒井哲郎らしく抽象的に表している。駒井哲郎は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

草花や動物の生命の誕生だけではなく、出会い、アイディア、意欲、目標といった全ての物事の起こり始めを芽生えとして表現している。アクアチント(銅版画)ならでは濃淡の表現で、まるで暗闇から新たな「なにか」が芽生えているようだ。その「なにか」は見る人に依存しており、駒井哲郎らしい抽象的表現となっている。駒井哲郎は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

ビロードのような深い黒の面となめらかなトーンの表現が特徴の銅版画技法メゾチント。人がまだ到達しきれていない深海に潜む海の生物の饗宴。様々な形の未だ見たことの無い奇怪な深海生物は私たちの想像を掻き立てる。名作ですので弊社では高価買取致しております。

この世の最初の生物は海から誕生した。それは全ての生命は海から誕生したと言っても過言ではないだろう。単細胞生物、バクテリア、小魚といった生物が比較的水深の浅い岩礁にて、生物の多様性を鋭い線で創り出している。駒井哲郎は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

4次元の時間をもし玩具に出来たら、幾何学的で色とりどりの形のパズルのようになるのだろうか。想像力を掻き立てられる名作です。全国的な人気を集めていますので高額査定が期待出来ます。

駒井哲郎の作品は黒いインクと白い紙の豊かな表情のなかに立ち上がる、夢と狂気のあわいを彷徨う独自の宇宙。見る者をより深く、深く誘う。駒井哲郎の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

駒井哲郎は戦後日本の現代美術において、銅版画の先駆者です。浮世絵など木版画の歴史が長い日本において、駒井は銅版画の発展に寄与してきました。今作も銅版画の特徴を活かした線で構成されるモノクロームの世界。深層世界に誘う駒井哲郎の名作です。駒井哲郎は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

フランスパン赤ワインなど色とりどりの食べ物で食卓が鮮やかににぎわっています。ランダムに並ぶ料理が模様のように広がり幸せなアートに生まれ変わっている作品は人気が高く、高額査定が期待できます。

駒井哲郎作品が生まれた背景には、銅版画が日本ではほぼ未開拓で、直接的な師がいなかったため、他ジャンルの作家たちの創作が深く関係している。版画だけではなく、洋画家や詩人、文学者、作曲家たちといった作家とのつながりが作品に色濃く出ている。今作の人形と小動物はまるで童話や絵本のような物語性を強く感じ取れる。駒井哲郎は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

駒井哲郎の銅版画には、とても豊かな世界が広がっている。駒井が多くの人とのつながりのなかで生みだした芸術である。今作も樹も凛として力強くそびえ立ち、生命力を感じ取れる作品。駒井哲郎は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

もし月に本当に兔が存在していたら、進化して文明を築き暮らし続けるとこんな人間のような顔になるのかなと、想像力を掻き立てられる名作ですので人気が高く需要も高い為、高額査定が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 駒井哲郎
PAGE TOP