ARTIST INFO 作家詳細

Backside works.(バックサイドワークス)

Backside works.(バックサイドワークス)の高価査定ポイント

作家評価 現在活躍中の現代アーティスト。ストリートカルチャーとサブカルチャーを基盤に作品を制作。福岡で2017年頃から本格的に活動開始しておりゲリラ的な作品発表や企業やショップとのコラボを行い人気を博している。2019年よりSH ART PROJECTに所属。その後は、「ヒロイン」をコンセプトに、勇敢な女の子の意味を持つ「VALIANT GIRL」シリーズに取り組んでいる。
技法評価 版画作品はアーティストの表現の幅を広げるツールとして支持されており、インテリアとしても非常に人気で需要の高い技法です。原画はアクリルで描かれており、版画作品は主に、シルクスクリーンで刷られています。どちらもフラットでコントラストの強いグラフィティアートです。今では、版画でしか表現できない作風の物も多く生み出されている為、弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 マンガやアニメの制作方法を彷彿とさせるタッチで、連続したセル画の中から1コマを切り出したような、瞬間的な表現の女性のイラストや、少女をモチーフにして捉えた「VALIANT GIRL」シリーズが人気で弊社では高価買取致しております。

ティータイムほっと一息している愛らしい女性が魅力的なBackside works.(バックサイドワークス)らしい作品。ボーダーの服と黒髪がまるでウルトラマンの敵のダダに見えるところが秀悦。探している作品ということもあり、相場以上の買取査定価格が期待出来ます。

ブラックモンブランをほおばる愛らしい女の子の絵柄。竹下聖夏という名前はブラックモンブランを製造している社名の竹下製菓から生まれたもの。買取相場は70万円~80万円前後となります。Backside works.(バックサイドワークス)の現代的感覚が研ぎ澄まされている作品ですので、相場以上の買取価格が期待出来ます。

シュプリームのTシャツとボブヘアー、まさに現代ファンの象徴的な絵柄。ちょっと生意気な表情が若者の内にある感情を見事に表している作品。買取相場は80万円~90万円前後です。Backside works.(バックサイドワークス)作品は探しているということもあり、高価買取に繋がりやすく、高額相場での査定が期待できます。

バニーのカチューシャと金髪が印象的な作品。背景のオレンジとボーダーのスエットが同系色を使い溶けこますことで人物がより浮き立って見える効果が斬新な絵柄。買取相場は60万円~70万円前後です。Backside works.(バックサイドワークス)作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待出来ます。

TOP > 買取ジャンル > Backside works.(バックサイドワークス)
PAGE TOP