ミライカ美術は絵画買取 美術品の買取専門店です。業界初の査定シミュレーション導入!無料査定

競り上がれば
買取価格より高額で落札される可能性があります!

買取よりオークションに出品したほうが、より高く売れる可能性に期待したい!という方はオークション代行をご利用ください。

国内外にある複数のオークション会場から、お持ちの作品を出品するにあたり
最も適していて最も落札希望者が多いと思われるオークションに出品いたします。

※作品によりオークション代行をご利用できない場合がございます

オークションのメリット・デメリット

メリット

・その日の相場で運が良ければ想像以上の額になる可能性があります

・公平なオークションに出品することで納得して売却できる
デメリット

・オークションは時価相場なので、手数料を差し引いた価格は、必ずしも買取価格より高くなるとは言えません

・お預かりからお支払いまでに時間がかかる場合がございます

・不落札の場合、作品に「目垢」がつき買取価格が出品前と比べ安くなる場合がございます

オークション代行の流れ

①査定のご依頼

お電話・査定依頼メール・LINEにて査定依頼を承っております。 お客様のご要望をお伺いし、適切なご案内をいたしますので、 まずはお気軽にお問い合わせください。

②落札予想価格のご連絡

プロの査定スタッフが現在の相場に応じて おおよその落札予想価格をお調べしご連絡いたします。 査定価格にご納得いただけない場合は、お断りいただいても大丈夫です。 また、オークションに出品する際のメリット・デメリット分かりやすくご説明いたします。

③作品をお預かりしオークションに出品

ご自宅までお伺いし実際の作品を確認後、最終の落札予想価格をお伝えいたします。 ご納得いただけましたら売買契約書にご記入の上作品をお預かりさせていただきオークションに出品いたします。 お預かりの際は免許証・保険証などの本人確認書類が必要となります。

④お支払い

オークションが終わり弊社に入金確認が出来次第、落札価格をご連絡いたします。落札価格よりオークション手数料と出品代行手数料を差し引いた価格を現金またはお振込みにてお支払いさせていただきます。また、不落札の場合は作品をご返却いたします。国内オークションの場合は不落札の場合でも返品送料は無料です。

※海外オークションについては、送料・保険料などお客様負担となる場合がございます。お問い合わせ時にご確認ください。

手数料について

■オークション会社に支払うオークション出品手数料
オークション会場により落札価格の5%~15%(税別)
■弊社のオークション出品代行手数料
落札価格が 100万円以下 15%(税別)
101万円を超えた価格につき 10%(税別)

■例 オークション出品手数料が5%、落札価格が130万円の場合

オークション出品手数料 130万円×0.05(5%)×1.08(消費税)=70,200円
出品代行手数料

①100万円×0.15(15%)×1.08(消費税)=162,000円

②30万円×0.1(10%)×1.08(消費税)=32,400円

①162,000円+②32,400円=194,400円
お支払い価格

落札価格-オークション出品手数料-出品代行手数料

130万円-70,200円-194,400円=1,035,400円

ミライカ美術が選ばれる理由

 ご相談・査定は無料 
お気軽にご相談ください

選べる4つの買取方法

フリーボイス通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

0800-600-7787

査定依頼・LINE査定

査定依頼LINE査定

おおよその作品価値を調べる

サイト上で分かる!
かんたんシミュレーション

写真を撮る際のポイント

よくある質問

どんな作品でもオークションに出品できますか?
作品により出品できない場合がございますので、まずはお気軽にご相談ください。
不落札の場合、手数料はかかりますか?
必要ありません。出品手数料は、落札された場合のみ頂きます。
どこのオークションに出品するの?
多数ある国内・海外オークションの中から、最も高額で落札される可能性の高いオークションに出品いたします。
その他のよくある質問はこちら

2020年10月21日

ウォーホル、藤田喬平、ジョーンズ 他、買取情報を更新

鑑定士のコメント ウォーホル『ミックジャガーⅣ』550万円。藤田喬平『手吹飾筥藤の花』45万円。ジャスパー・ジョーンズ『Target with Four Faces』200万円。ピカソ『三角模様のブラウスを着た若い娘』200万円。
その他の強化買取作家 情報を更新させて頂きました。

その他の買取情報

2020年10月 5日

村上隆アートはまさに温故知新!

皆様こんにちは、ミライカ美術の田中です。最近はどのようにお過ごしでしょうか?弊社はテレワークなど新しい働き方スタイルが生まれました。慣れてない部分もあり、孤軍奮闘の毎日です。それでは今回ご紹介したいアーティスはこちらです。

皆様、村上隆先生をご存じでしょうか?アニメ的なひまわりの絵、ウエイトレスのフィギュアなど先生の作品を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 

村上隆先生は1962年東京都生まれ。東京藝術大学日本画科初の博士号取得者になられています。実はベースは日本画にあるのです。サブカルチャーやアニメ的絵柄ですが、日本画の要素が取り入れられた浮世絵や琳派、屏風的絵柄など数多くの伝統的日本画要素を織り込んだ作品を製作されています。是非検索して探して見てください。

個人的に一番印象的だったのは2003年にルイ・ヴィトンとコラボレーションし、「モノグラム・マルチカラー」を発表された時です。

チョコレートカラーのルイ・ヴィトンのバックが今まで見たことないくらいカラフルになりました。世界的にも大きな衝撃でした。何故、村上隆先生が選ばれたのでしょう。 でも、よくよく考えれば、ルイ・ヴィトンのあのモノグラム柄は日本の家紋のデザインを取り入れた物です。村上隆先生は伝統的日本画を伝承しつつ新たな作品を生み出しています。

そう思うと必然だったのかもしれません。しかも、ただカラフルなモノグラムカラーではありません。実に絶妙な配色バランスで構成されています。違和感の無いカラフルさはまさに先生のセンスの賜物です。


近年ではユニクロとのコラボTシャツやドラえもんとのコラボなど社会現象を巻き起こしています。村上隆先生の芸術キャリアは美術史上においてかなり特異です。活動初期から戦略的に欧米を中心とした美術市場で、芸術家としての自己を確立することを決めていました、先生はアートをビジネスとしてとらえており、芸術家であると同時に有限会社『カイカイキキ』の代表であり、多くの人を雇用して芸術を生産する経営者でもあります。



村上隆先生は一人のアーティストであり、優れたビジネスマンでもあるのです。アートを多角的にとらえ、今後も世の中に革命的アートを生み出して下さること間違いなしです。更に伝統的日本画の素晴らしさが世界中に知られる事は個人的にも非常にうれしいです。

ミライカ美術では村上隆先生の作品を積極的に買取致しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

2020年8月24日

片岡球子、東山魁夷、リキテンスタイン 他、買取情報を更新

鑑定士のコメント 片岡球子『五合目からの赤富士』90万円。東山魁夷『道』180万円。浜口陽三『22のさくらんぼ』15万円。リキテンスタイン『Shipboard Girl』150万円。
その他の強化買取作家 情報を更新させて頂きました。

その他の買取情報

2020年8月13日

強化買取月間キャンペーンを実施しております。

鑑定士のコメント ミライカ美術では強化買取月間キャンペーンとしまして、2020年8月末までに買取させて頂いたお客様に買取額に応じた商品券(JCBギフト券)のプレゼント企画を実施させて頂きます。 本キャンペーンに関しましては、査定依頼時に合言葉 「つなぐ」の通知が必要となります。

①フォーム、LINE査定の場合・・・その他・備考などフリースペースに、合言葉「つなぐ」の記載をお願い致します。

②電話査定の場合・・・査定依頼のお問い合わせ時に、スタッフの方までキャンペーンを見た旨と合言葉「つなぐ」をお伝えください。

※合言葉の通知のない場合は本キャンペーン対象外となる場合がございます。また8月末を期間として予定しておりますが、商品券なくなり次第終了となる場合がございます。悪しからず御了承ください。

2020年8月11日

アンフォルメルの旗手 今井俊満先生

皆様、こんにちは。ミライカ美術の田中です。今回は今井俊満先生を紹介したいと思います。

1928年生まれで、1950年代のパリで前衛芸術運動・アンフォルメルに身を投じ、日本の美術界における大流行の仕掛け人となった、アンフォルメルの旗手です。  

アンフォルメルとは「1940年代半ばから1950年代にかけてフランスを中心としたヨーロッパ各地に現れた、激しい抽象絵画を中心とした美術の動向をあらわした言葉です」


1928年、京都に生まれた今井先生は、東京藝術大学の派遣学生として1年間油彩画を学んだ後、1952年単身パリに渡ります。評論家ミシェル・タピエやサム・フランシスとの出会いを機に抽象絵画に目覚め、激烈な色彩と重量感のあるマチエールによるダイナミックな作風を展開します。

1960年の第30回ヴェネチア・ビエンナーレなどの国際展に出品し、この運動の中心的な存在として高く評価されました。その後は次々にテーマを変貌させながら、「君が一生に一万枚描けば、必ず巨匠になれる」というピカソの言葉を実践し、夥しい数の作品をエネルギッシュに制作し続けました。  

1980年代~1990年代に良く描いた様式は琳派を彷彿させる華やかな具象作品で桜・梅等の花々を描きました。アンフォルメルの時代と比べると180度作風が異なり、同じ作家が描いたことを疑う位、画風が異なりました。

1992年、急性骨髄性白血病を発症したが、精力的に創作を続け、「ヒロシマ」「コギャル」シリーズなどで反響を呼びました。2000年夏、末期がんで余命数カ月と宣告され同年12月、東京・銀座の画廊で「サヨナラ展」を開催。その後も驚異的な生命力で制作を続けたが、2002年に永眠されました。


現在、今井先生が製作された中でも前期のアンフォルメル期が見直されています。マチエールのざらついた質感や厚み、画面を飛び散る黒の絵具には、日本のやきものや書との親近性を見出すこともできそうです。尖った前衛性の中に、こうした日本的な雰囲気が漂う点もまた今井先生の作品の魅力であり、再評価に繋がっているのかもしれません。

ミライカ美術では今井俊満先生の作品高価買取致しております。特に前期のアンフォルメル期の作品は積極的に集めています。ご売却を検討される際はお気軽にご連絡下さいませ。

2020年7月20日

ウォーホル、天野喜孝、ラッセン 他、買取情報を更新

鑑定士のコメント アンディ・ウォーホル『シャネル「広告より」』1000万円。天野喜孝『Red Sword』15万円。ラッセン『ゾディアック』15万円。ルフィーノ・タマヨ 『緑色の人物』15万円。
その他の強化買取作家 情報を更新させて頂きました。

その他の買取情報

2020年7月13日

Mr.EXPO 岡本太郎先生

皆様こんにちは。ミライカ美術の田中です。

大阪府の吉村知事が今理想のリーダーとして注目されていますね、皆様も気付かれていると思いますが「EXPO2025」と胸にプリントされた紺色のジャンパーをいつも着られています。

あれは何かと言うと2025年開催予定の「大阪・関西万博」をPRする為、胸にプリントされています。実はこの万博は2度目になります。1度目は1970年に大阪府吹田市で日本万国博覧会が開催されました。私は生まれてもいませんので、勿論行ったことも無いのですが、総入場者数は6,421万人と、とてつもない数字です。

今回は、その時の国家的大催事を担ったメインアーティスト、岡本太郎先生をご紹介したいと思います。そう、"芸術は爆発"だという自信に満ちたキャラクターで知られる岡本太郎先生です。1970年、日本の技術力を世界に知らしめた大阪万博。

その万博を成功に導いた最大の要因の一つと言われるのが岡本太郎先生の「太陽の塔」です。建造物の中で唯一残され、地域再開発のシンボルとなっているだけでなく様々なグッズなど広く親しまれ日本に元気を与えています。

その「太陽の塔」は"人類の進歩と調和"がテーマとなった祭典が行われた当時の姿をそのままに、現在も大阪府吹田市にそびえ立っています。

当初、万博プロデューサーの選考は難航を極めました。実行委員会が「協調的ではない」というリスクを覚悟で決断したのが、異端児"岡本太郎先生"を大抜擢し、太郎先生の周囲も「国に協力したと言われると芸術家生命が絶たれる」として断るよう助言しますが、太郎先生は「万博反対の自分がやることこそ面白い」と受諾されます。万博反対なのに引き受けるところが岡本太郎先生らしいですよね。

メインシンボルの太陽の塔は当初は建物内に収まる予定でしたが、高さは約70メートルと巨大になり、結果的に大屋根を貫いてそびえ立ち左右に腕を広げて会場を訪れた人々を出迎えました。塔の頂部には金色に輝き未来を象徴する「黄金の顔」、現在を象徴する正面の「太陽の顔」、過去を象徴する背面の「黒い太陽」という3つの顔を持つ巨像に仕上がりました。


個人的見解ですが、当時の万博は国の威信をかけた国家プロジェクト。メインアーティストとしてその重圧を跳ね除けられたのは、エネルギーと情熱の塊のような岡本太郎先生だったからこそ成しえられたのでしょう。そして圧倒的情熱をかけ手掛けられた太陽の塔は今も多くの国民に愛され、メンテナンスを続けながら保存され、日本の未来を見守ってくれています。

第二回の大阪万博が開催されることが決まり、今、岡本太郎先生の功績が見直され、評価が上がっています。弊社では岡本太郎先生の油彩画・水彩画・版画・立体作品など高価買取致しておりますので、是非お気軽にお問合せ下さいませ。

2020年6月24日

長谷川潔、中島潔、斎藤清 他、買取情報を更新

鑑定士のコメント 長谷川潔『時 静物画』330万円。中島潔『野路菊の少女』35万円。斎藤清『猜疑』50万円。平野遼『壁にもたれる女』10万円。
その他の強化買取作家 情報を更新させて頂きました。

その他の買取情報

2020年6月 6日

奈良美智先生の少女革命!

こんにちは。ミライカ美術の田中です。

皆様、現代アーティストの奈良美智先生をご存じでしょうか?一般的には主に女の子を描き、表情や主張を持っているマンガ的表現や、イラストレーションのような絵柄のイメージです。

なぜ漫画のような少女を描いた先生の作品が「現代アート」として語られるのでしょうか?実は、こうした問いには明確な答えはないそうです。作家本人は自らの気持ちに従って描きたいように少女の絵を描いている。

作家自身が「現代アート」としてのコンセプトを前面に打ち出しているわけではないそうです。

では子供の落書きのようにも見える、目の釣りあがった女の子を描いた先生の作品がなぜそれほどまで評価されているのでしょうか?

よく考えれば、今までこれほど少女を全面に押し出した作品は世界的にもあまり見たことがありません。

更にその少女がストレートな内面表現や社会風刺など漫画的手法でコミカルに表されています。

今までなんとなくタブーとされていた幼女や少女に深く切り込み、ジャパニメーション文化の背景が後押しし、今までに無かった斬新なアートスタイルが世界的に高く評価されました。

個人的には奈良美智先生の作品の魅力はピカソと一緒で「こんな絵柄子供でも描けるじゃん」とよく揶揄されますが、絶対に描けないオリジナリティーに溢れた絵柄です。

今では一目で「あ!奈良美智先生の作品だ!」と分かるキャラクター性を確立しています。

先生の活動は絵を描き、ときに立体作品を作り、焼き物を作り、写真を撮る。求められれば文章を書くといった多岐に渡るアートスタイルです。

今後もますます活躍されていく事間違いないですし、また新たな革命やアート表現を期待しています。

ミライカ美術では奈良美智先生の作品を強化買取致しておりますので、是非お気軽にお問合せ下さいませ。

2020年5月31日

東山魁夷、籔内佐斗司、絹谷幸二 他、買取情報を更新

鑑定士のコメント 東山魁夷『白馬の森』250万円。籔内佐斗司『いかづち童子』14万円。絹谷幸二『新世紀生命富士』20万円。イカール『Can-Can』20万円。
その他の強化買取作家 情報を更新させて頂きました。

その他の買取情報