ARTIST INFO 作家詳細

吉田美統

吉田美統の高価査定ポイント

作家評価 昭和~現在に至るまで活躍し、「釉裏金彩」の技術において重要無形文化財保持者(人間国宝)として認められている陶芸家。金箔を焼付けた後、透明釉を施し、金本来の色を際立たせ、金箔の薄箔厚箔を使い遠近感を出す手法が特徴。優美な芸術品として国内外から高く評価されています。
技法評価 茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「葡萄文花瓶」「芙蓉文花瓶」「牡丹唐草文壷」など「花瓶・壷」作品は探しているということもあり特に高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 吉田美統を代表とする「釉裏金彩」作品は探しているということもあり高価査定に繋がりやすくなります。
TOP > 買取ジャンル > 吉田美統
PAGE TOP