ARTIST INFO 作家詳細

吉田博

吉田博の高価査定ポイント

作家評価 1876年~ 1950年にかけ活躍した洋画家、版画家。自然と写実そして詩情を重視した作風で、明治、大正、昭和にかけて風景画家の第一人者として活躍した。1920年、新版画の版元の渡辺庄三郎と出会い、渡辺木版画舗から木版画の出版を開始し、1921年、『牧場の午後』及び『帆船』のシリーズを出版。しかし、1923年、関東大震災により木版画と版木を全て焼失し、三度目の渡米。この時、渡辺木版画舗により制作した木版画7種を持参していくと好評を得た。また、海外では粗悪な浮世絵版画が高額で取引されているのを知り、日本人として恥ずかしく思い。こうした経験から温和な画風の木版画の作品が多くなっていった。
技法評価 朝、霧、夕、夜など、時間帯や大気の状況の変化を同じ版木を用いて色を替えることによって表現した吉田博先生の版画作品は、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 殆どは風景画で占められており、その取材範囲は、日本はもとより世界各国に及んでいます。叙情的な版画作品に定評があります。その中でも水面に風景や建物が映り、情緒があって美しい作品「瀬戸内海集 帆船 午後」「大阪城」「桜八題 鐘樓」などは、人気の為、高価買取に繋がりやすいです。

吉田博は、通常の浮世絵や新版画の寸法だけでなく、伝統的な規格にとらわれず、それよりも遥かに大きな作品にも挑戦。迫力ある大画面で叙情的な風景を描き出しました。規格に捉われない力強い表現は観る者を魅了します。今作の大阪城も逆さ富士のように水面に映る城の情景が非常に美しい作品です。吉田博は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

吉田博の画業を見渡すと、最初の30年間は水彩画や油彩画の制作を中心に活動し、明治後期~昭和前期を通して、画壇を代表する人気画家として活躍しました。洋画ならではの遠近法を取り入れ、木版画に昇華させた素晴らしい風景画です。吉田博は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

吉田博は原画制作はもちろん、彫り・摺りの各工程を自らの監督下に行う、“自摺”による多色摺り木版画制作でした。摺り・彫りについては自らの監督下で専属の職人に依頼しました。拘りに抜いた製作方法は対象を細部まで描き出し、私達の心に響く作品になっています。日本人の心とも言うべき桜を見事に描き出しています。吉田博は人気が高く需要も高い為、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

岩場を流れ落ちる奔流をダイナミックに描いた大作。泡立つ水面、飛び散る水しぶきに渦、木版画の限界に挑み見事に数色で透明感のある渓流を表現しきった代表作。吉田博は探しているということもあり高額査定に繋がりやすい傾向があります。

蜀葵は植物。アオイ科の多年草,薬用植物。フユアオイの別称です。洋画家として画壇のトップまで昇りつめながら、昭和初期には一転して木版画の世界へと身を投じ、人気版画家となった吉田博が製作した鮮やかで艶やかな蜀葵の花の図です。グラデーションも美しく見る者を魅了します。吉田博は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

同じ画題、同じ構図を元に、季節や時間帯などを微妙に変えて制作された連作です。その時々でしか見せない帆船や海の表情を見事に表しています。哀愁ある素敵な作品です。吉田博は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

絵画には「線遠近法」色彩のバランスで表す「色彩遠近法」濃淡で表現する「空気遠近法」など様々な表現の手法がありますが、吉田博の作品では、いずれもの技術が高度に取り入れられています。ですから単なる風景画の枠を超え、私達の心に響く景色を届けてくれるのです。吉田博は全国的にも人気を集めていますので高額査定が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
PAGE TOP