ARTIST INFO 作家詳細

山口藍

山口藍の高価査定ポイント

作家評価 1977年~現在に至るまで活躍している現代アート作家。江戸時代の風俗をベースに創作した遊女として暮らす幼い少女たちの姿をふとんや貝殻や板など独特の支持体を用い、繊細な線描と、明快な配色で表現している。その作品は日本文化や習慣、 和歌の言葉など独自の解釈で、新しくかつ、何層にも重なりあった意味を持ち展開しています。多彩なポージングの少女たちは見事に江戸時代のエロチシズムを蘇らせています。
技法評価 ふとんや貝殻や板など独特の支持体を用い、アクリル絵具で描かれた山口藍先生の油彩作品は大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 現代の浮世絵のような人物画に定評があります。その中でも女の子の愛らしさと女性的なエロチシズムを感じ取れる作品「よろこび」「龍の華」などは非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。

着物を着た少女たちが寝ている可愛らしい作品。眠る少女たちが夢を見ているのか、はたまた私たちが夢の中で少女たちを見ているのか。淡色の色遣いで静かな世界観を表現しています。山口藍は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

少女の長く美しい髪がまるで流れる川のごとく描かれ、それは伝統の琳派をも彷彿させる革新的アート。山口藍作品は弊社では高価買取いたしております。

四季のよろこびを描かれた連作の冬バージョン。四季を代表する花が、可愛らしい少女の鋭い眼光による雰囲気をオーラとして表現されている、インパクトと違和感の共存する作品。山口藍は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

アール・ヌーヴォーの巨匠、アルフォンス・ミュシャの作品「四季」のように、それぞれの季節の代表する花を使って、少女を柔らかな質感で描写されている作品。山口藍は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

やや直線的に描かれた遊女は、悲し気にこちらを振り返っている。江戸時代の風俗文化を少女の心情から描いている、山口藍らしい作品といえる。山口藍は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

鮮やかに彩られた華で装飾された籠に、頭をかんざしで結われている少女が裸で身を隠している姿は、まるで籠の中の鳥のよう。身も心も束縛されている遊女を風俗画として、現代アートにアレンジされている。山口藍は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
PAGE TOP