ARTIST INFO 作家詳細

ヴラマンク

ヴラマンクの高価査定ポイント

作家評価 1876年~1958年にかけて活躍した洋画家。フォービスムの画家として強烈な色彩を用いたが、セザンヌの影響が顕著となり、原色を捨てフランス的表現主義というべき黒、藍(あい)、白を基調にした暗く重苦しい色彩と激しい筆触で描く作風が特徴です。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来る直筆作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 「教会」「村通り」「街道」などの「風景」を描いた作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。特に「雪景色」を描いた晩年の作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。

田舎の農村の何気ない日常、現実のリアルな生活の日々こそをアートに残すという信念を感じる作品。根強いファンがいますので弊社では高価買取致しております。

激しく唸る筆後、雪解けの道をラ雷道のように描いています。当時の人々には野蛮と言われたが、彼の信念を感じる作品なので弊社も高価買取致しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > ヴラマンク
PAGE TOP