ARTIST INFO 作家詳細

上前智祐

上前智祐の高価査定ポイント

作家評価 大正~平成にかけて活躍した具体美術画家。具体美術協会に1954年の結成時から参加。綿密な手作業を基本に独自の表現を晩年まで追求した作品が特徴です。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来るオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 作品の出来により評価が大きく変わるが上前智祐の作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

立体的に折り重なる黄色と黒の鎖。万物は全て関連性があり、生きることも食物連鎖で繋がっている。メッセージ性の強い作品の為、探しているということもあり高額査定に繋がりやすい傾向があります。

黒い生地に白い縫い目のように見える無数の点。それはまるで0と1のデジタル配列ように連なって見える。メッセージ性の強い作品の為、弊社では高価買取いたしております。

TOP > 買取ジャンル > 上前智祐
PAGE TOP