ARTIST INFO 作家詳細

杉山寧

杉山寧の高価査定ポイント

作家評価 明治~平成にかけて活躍した、文化勲章受賞の日本画家。永遠性への憧景を秘めたイメージの深さと、斬新な構図、重厚な質感と明朗な色彩で、気品ある画面空間を描く作風が特徴で東山魁夷、高山辰雄と共に「日本画三山」と呼ばれました。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来る直筆作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。特に版画作品の原画は高価買取に繋がりやすい傾向があります。
絵柄評価 「白鳥」「鶴」などの「鳥」や「鯉」を描いた作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。特に晩年の作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。

背景を無くし非常に立体感のある花瓶と花、日本画の平面表現の枠を超え、まるで洋画のような空間演出の新たな静物画の為、弊社では高価買取いたしております。

PAGE TOP