ARTIST INFO 作家詳細

菅井汲

菅井汲の高価査定ポイント

作家評価 大正~平成にかけて活躍し、国際的にも高く評価されている現代アート画家(洋画家)。無駄を省いた作品を追求し、同じパターンを描き続ける行為自体に芸術活動の意義を見出した画家。グラフィック的要素の強い作品はどこかレトロモダンな雰囲気を併せ持ち、円と直線からなる幾何学的な作風が特徴です。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来るオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 作品の出来により評価が大きく変わるが菅井汲作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

菅井汲は渡仏し、1960年代になると作風は一変し、明快な色彩と形態からなるダイナミックな抽象表現に転じました。今作の赤い鬼も鬼と言われれば対象を特定出来ますが、見る者がそれぞれが違う物に見えると思います。しかし、強烈なエネルギーは皆感じ取れると思います。菅井汲は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

晩年までは自らのイニシャルである「S」の字を象った作品を描き続けました。菅井汲はいったん気に入ったかたちを見つけると、その図形にこだわり、組み合わせを変えつつ描き続けました。菅井汲は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

簡略化された表現だが、確かにトランプのキングに見える絵柄。絶妙な配色と構図でそれを思わすセンスが素晴らしい作品。菅井汲の珍しい作品ということもあり、高値相場での査定価格が期待できます。

戦前から戦後にかけては商業デザイナーとして活動した菅井汲。空と海洋、雨と雲を武骨で大枠で描いた作品。抽象とデザインの狭間を垣間見えるユニークな作品。菅井汲は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

武骨な表現と重厚な色彩。まさに鬼の鎖の名の通りの絵柄。貼り絵のような独特な構図が面白い。菅井汲の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

人間自身も電気的信号で生きている、世の全ても電気的信号で成り立ってる。全てはシグナルで動く。抽象的で哲学的な作品の為弊社では高価買取致しております。

大宇宙も、量子の世界も全ては回転によって形成されている。重機械工業も歯車のように回転し続ける。抽象的で哲学的な作品の為弊社では高価買取致しております。

晩年までは自らのイニシャルである「S」の字を象った作品を描き続けました。菅井汲はいったん気に入ったかたちを見つけると、その図形にこだわり、組み合わせを変えつつ描き続けました。菅井汲の古い作品ですので、状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

菅井汲の版画の一番の魅力は、色彩の鮮やかさだ。画面が整理され、道路標識を見たときのように、瞬時にイメージが脳裏に刻まれまる。菅井汲は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

同じ色と同じ形の反復で画面を構成しく独自の個性。彼が指向した表現の方向性はそこにこそあり、この時期にこそ最も菅井汲らしさがあらわれていると思います。菅井汲の古い作品ですので、状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
PAGE TOP