ARTIST INFO 作家詳細

白髪一雄

白髪一雄の高価査定ポイント

作家評価 大正~平成にかけて活躍し、具体美術協会および日本のアクション・ペインティングを代表する抽象画家(洋画家)。床に広げたキャンバスの上に盛られた絵の具の塊を、ロープにぶら下がってはだしの足で滑走するようにして製作される激情的な作風が特徴です。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来るオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 作品の出来により評価が大きく変わるが白髪一雄の作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。特に1960~1970年代の作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。

渓流の流れと勢いを見事に表現した1枚。魚が飛び跳ねているようにも見え、観る人にインスピレーションを与えてくれる白髪一雄らしい作品。強化買取作家という事もあり、高価相場で買取致しております。

白髪一雄の作品は、そこに絵の具が落ちるだけで、物語りが始まる。何を描くかではなく、何が生まれるか、何が存在するか、見る人に色々なイマジネーションを与えてくれる。白髪一雄の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

まるで炎舞を踊っているような躍動感のある絵柄。脚でリズミカルに描く彼独自の技法は無限の可能性を引き出している。白髪一雄の珍しい作品で、相場に左右されにくい為、高値買取価格にて査定しております。

諦めるな、さあ立ち上がれという白髪一雄の強いメッセージを感じ取れる作品。復興への想いがひしひしと伝わる名作です。探している作品ということもあり、相場以上の買取価格が期待出来ます。

開戦の狼煙だ!さあ、戦え、我が軍の旗は赤い旗だ。力強くたなびく赤い旗からパワーとエネルギーを感じ取れる作品。白髪一雄の珍しい作品ということもあり、高値相場での査定価格が期待できます。

自分自身の存在の真実を探すかのような、まるで禅のようです。みずからを律し、万物に感謝し、ムダを省き、生き方を見つめ直すことです。それは礼儀正しく近寄りにくいものです。白髪一雄は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

まるで文字のように青と赤と黒の3色のみの強いコントラストで描かれた抽象画。脚で描く白髪一雄ならではの力強いアート表現は美術界に革命を起こしました。強化買取作家という事もあり高価相場で買取致しております。

血しぶきがブラックホールに吸い込まれているかのような迫力のある絵柄。普段は感じない、今生きていると言う事を再認識させてくれるスリリングな作品。白髪一雄の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

オレンジの中の円は振り子のように時を刻む。止まる事の無い螺旋の輪廻。悠久の時を感じるスケールの大きな作品。白髪一雄は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

戦国の七雄の一つの国。周初以来の斉を、重臣の田氏が奪って建国。前者と区別するために田斉とも呼ばれるている。その斉国を大胆な構図と力強いタッチで表現している。白髪一雄は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

TOP > 買取ジャンル > 白髪一雄
PAGE TOP