ARTIST INFO 作家詳細

島岡達三

島岡達三の高価査定ポイント

作家評価 大正~平成にかけて活躍し、「縄文象嵌」の技術において重要無形文化財保持者(人間国宝)として認められている陶芸家。組みひもをころがした器面の押しあとに化粧土をうめる縄文象嵌技法を確立し、様々な新しい独創的な作品を創作し続けました。
技法評価 茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「ダイヤ型花入」「縄文懸花入」「縄文壷」「縄文耳付壷」など「花瓶・花入・壷」作品は人気もあり高価買取をさせて頂きます。特に大きな作品は流通量が少なく高価査定に繋がりやすいです。
絵柄評価 島岡達三の代表ともいえる「象嵌赤絵」作品は人気があり高価査定に繋がりやすくなります。
買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 島岡達三
PAGE TOP