ARTIST INFO 作家詳細

島倉仁

島倉仁の高価査定ポイント

作家評価 1940年~現在に至るまで活躍している画家。 新潟県に生まれる。幼少の頃より絵に非凡な才能を発揮し、中学生にして新潟県の展覧会に入選する。 その後、『文部大臣賞』、『郵政大臣賞』受賞。1960年 東宝に入社。様々な装飾美術を手掛ける。ゴジラ、ウルトラマンなどの特撮ものをはじめ、黒澤明、伊丹十三、など、錚々たる監督作品に参加。新潟県生まれ。東宝に入社し、ゴジラ・ウルトラマン等の特撮ものを始め、黒澤明・大林宣彦・三谷幸喜監督作品など数々の背景美術を手掛ける。NHKドキュメンタリー「ザ・プロフェッショナル」の第一回目に出演。スカイアートという新たなジャンルのアートを生み出す。
技法評価 版画作品はアーティストの表現の幅を広げるツールとして支持されており、インテリアとしても非常に人気で需要の高い技法です。原島倉仁先生の版画作品はシルクスクリーン、ジークレーで制作されています。どちらも色鮮やかで原画の美しい空模様を見事に再現しています。今では、版画でしか表現できない作風の物も多く生み出されている為、弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 スカイアートと言われる空を題材にした風景作品が多いですが、その中でもジャパンシリーズの富士山が描かれている作品「ジャパン」「EVENTUAL PAYSAGE」などは特に人気で高価買取に繋がりやすいです。

夕暮れに富士山のシルエットがくっきり映った哀愁ある作品。横浜の港には客船の出発の汽笛が響き渡る。人気作品の為、弊社では高価買取致しております。

今は無き貿易センタービルの夕暮れ。富と経済の象徴ニューヨークマンハッタンと自由の女神。アートシーンがアメリカに移った事を暗示させた名作です。愛好家らに親しまれる作品ですので高価買取致しております。

歴史と伝統のあるモンサンミッシェルに今日も日が暮れる。いにしえの修道院に幾度も沈んだ夕日、今は世界遺産として人々に守られている。代表作の為、弊社では高価買取致しております。

PAGE TOP