ARTIST INFO 作家詳細

酒井田柿右衛門

酒井田柿右衛門の高価査定ポイント

作家評価 慶長元年より続いている伝統の「柿右衛門様式」を当代の十五代にまでしっかり引き継ぎ、重要無形文化財保持団体にも指定されている窯元。日本で初めて赤絵の焼成に成功し、現在も国内外で?い評価を得ており、高価査定が期待できる作品が多いです。
技法評価 茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「桜文壷」「撫子文壷」「三方割苺花文花瓶」「三方割花文花瓶」「枝垂桜文花瓶」など「花瓶・壷」作品は探しているということもあり高価買取をさせて頂きます。特に大きな作品は流通量が少なく、高価査定に繋がりやすいです。
絵柄評価 乳白手などといわれる純白の白磁に,赤,青,青緑,黄,紫などの色絵具を用いて花鳥人物文などを描いた「濁手」作品は作家本人が製作された作品ということもあり流通量が少なく評価が高いです。底部にサイン・刻印などが無いのが特徴です。

そこに佇む素朴なつわぶきの花を余白いっぱいに残し、見事に引き立てています。詫びさびの効いたシンプルな作品です。買取相場は30万円~35万円前後の価格となります。柿右衛門は探しているという事もあり高値相場で買取査定しております。

でっぷり、どっしりした大振りの白磁の花瓶の赤道ラインを軸にバランスよく、やぶでまりの花と実が鮮やかに描かれた傑作。余白と花の配色バランスが見事な作品です。買取相場は80万円~100万円前後の価格となります。柿右衛門は探しているという事もあり高値相場で買取査定しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 酒井田柿右衛門
PAGE TOP