ARTIST INFO 作家詳細

リャド

リャドの高価査定ポイント

作家評価 1946年~1993年にかけて活躍した洋画家。「光の収集家」とも呼ばれ、光や大気が織りなす一瞬の時間を感じるがままに表現し、鮮やかな色彩と生き生きとした踊るようなタッチで描く作風が特徴です。
技法評価 作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。特に版画作品の原画は高価買取に繋がりやすい傾向があります。
絵柄評価 「ロルカの詩」「アルハンブラ」「ジヴェルニー(モネの家)」「マルパスの入江」「リビエラ公園」など「風景」を描いた作品は人気もあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

モネの睡蓮を意識し、さらに進化を加え現代的な印象派を生む出そうとした名作。リャドは強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

絵の具が四方八方に飛び交い躍動感のある図柄です。不思議と引きで見ると奥行のある色鮮やかな薔薇園が浮かび上がります。20世紀最後の印象派と言われたリャドはは強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

赤い薔薇が華やかに咲き誇っています。2D作品ですが、まるで画面から飛び出て見える立体感のある技法が魅力の作品。リャドの作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

PAGE TOP