ARTIST INFO 作家詳細

李禹煥(リー・ウーハン)

李禹煥(リー・ウーハン)の高価査定ポイント

作家評価 1936年~現在に至るまで活躍している現代アート作家。「もの派」の中心的存在となり、意図的に「作らない」ことによって「余白」を生み、制作行為を極力そぎ落とすことによって成立しており、ある空間に固有の緊張感と静けさを引き出しているのが特徴です。
技法評価 作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 「〈刻み〉より」「突きより」「点より(From point)」「線より(From line)」「風と共に」シリーズなどリーウーハンの作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

点と線が無数に飛び交う世界。不規則に見えて絶妙なバランスと均衡が保たれている、それは正に我々の住む世界のようだ。買取相場は40万円~45万円前後の価格となります。李禹煥(リー・ウーハン)は現在注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取査定しております。

ただ、墨を下に滑らす。それだけで、宇宙的な静かさと広がりを感じる作品だ。何もない白い紙は無、それに作家が一筆入れるだけで物語が生まれる。李禹煥(リー・ウーハン)は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

たくさんの物を内包する風を線に置き換えた斬新な1枚。細い線と太い線が織りなす相乗効果が作品の立体感を生み出している。李禹煥(リー・ウーハン)は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

永い、永い時を超え、そこにある遺跡からは生命や営み、文化、人が生み出したものの軌跡を感じとれる。一枚の絵で時空の繋がりを生み出した意欲作。李禹煥(リー・ウーハン)の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

空間と融合した余白の広がり、美しい藍染色のブルー。上は空を、下は海を表すかのような浮遊感のある神秘的空間を生み出した意欲作。李禹煥(リー・ウーハン)の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

単純なラインに滝や水の流れが見えてくる。水の流れの音が聞こえてくる空間に向かい合うと、日々見え方が変わってくる。まるで自分と対峙する瞑想の場のような一枚。李禹煥(リー・ウーハン)の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

大地や山間を流れゆく軽やかな風。幼き日の故郷の地がみえてきそうな一枚。禅の教えを表現したかのような意欲作。 李禹煥(リー・ウーハン)は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

広い、広い海、寄る辺なく漂って寄った港は何処なのだろう。李禹煥(リー・ウーハン)にとっては日本なのか。フランスなのか。彼が行き着く先に魂が安らげる場はあるのだろうか。買取相場は80万円~100万円前後の価格となります。李禹煥(リー・ウーハン)は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

李禹煥(リー・ウーハン)が使うメインモチーフ、石。そこに存在し、それのみで存在してはいない。まるで人間社会の複雑に絡み合うバランスのようだ。李禹煥(リー・ウーハン)は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

彼方より潮騒の音が聞こえる。波間に悠久の時が流れ、まるで祈りの時間のようだ。その時々の自身の心の状態で見える景色が変わる1枚。李禹煥(リー・ウーハン)の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

極力、創る事を抑制した作品。余計な物をそぎ落とした美。空間を融合した余白の広がりは、まるで寺の庭園に描かれた全宇宙のようだ。李禹煥(リー・ウーハン)は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

対峙する二つの物体。ただそこにある「もの」に何を見るか。対象物と余白、自然と人工物、創ること、創らないこと。二つの物体の対立構造の狭間を見る、もの派の真骨頂。 買取相場は75万円~85万円前後の価格となります。李禹煥(リー・ウーハン)は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

TOP > 買取ジャンル > 李禹煥(リー・ウーハン)
PAGE TOP