ARTIST INFO 作家詳細

楽吉左衛門

楽吉左衛門の高価査定ポイント

作家評価 京都で桃山時代から400年余、15代にわたって続く、千家十職のひとつで「茶碗師」として代々襲名される名前。「一碗一窯」というこだわりで屋内の小さな窯で比較的低温で焼く軟質陶器で、渋みと重厚さを持ちながら、簡素さと朴訥さの中に深い味わいを秘めている作風が特徴的。高価査定が期待できる作品が多いです。
技法評価 「茶碗」は茶道や観賞用として用いられたりと、幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「筒茶碗」「鉢開冩茶碗」「伝来写安南茶碗」「平茶碗 」など「茶碗」作品は探しているということもあり特に高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 楽吉左衛門を代表とする「黒楽・赤楽」作品は探しているということもあり高価査定に繋がりやすくなります。
買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 楽吉左衛門
PAGE TOP