ARTIST INFO 作家詳細

ピカソ

ピカソの高価査定ポイント

作家評価 1881年~1973年にかけ世界的に活躍し、非常に多作な芸術家としてギネス世界記録を持つ洋画家。「キュビスム」と呼ばれる芸術動向の創始者とされ、従来の遠近法(一点透視図法)によらず、異なる複数の視点からとらえた物体の形を一つの画面に描写し、断片化された平面として再構成する独自の表現方法を確立した作家です。
技法評価 作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 「貧しき食卓」などの「サルタンバンクシリーズ」や「156シリーズ」「347シリーズ」「スイートヴォラールシリーズ」、「バッカス祭」「帽子の女」「シニョンの女」「読書するジャクリーヌ」「髪を結った女性」「襞襟の男の肖像」など「人物」をモチーフにした作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

お気に入りの三角模様のブラウスを小粋に着こなし、自信に満ちた強い眼差しでこちらを見つめています。少女の闊達さを大胆な筆の動きで見事に表現している作品。ピカソ作品需要が高い為、弊社では高価買取致しております。

放射状に絵の具は飛び交い、大地や自然と同化したかのような植物食人間。人は大地と共にのメッセージ性のある作品の為、弊社では高価買取致しております。

画面いっぱいを埋め尽くす道化師の顔、色は無くともコントラストでわかる滑稽な表情、一度見たら忘れられない作品ですので高価買取致しております。

陰影の無い線描でシンプルに神話の世界を表現しています。一目見ただけで物語性を語れるピカソのセンスあふれる作品ですので高価買取致しております。

ナチスの占領、ファシズムの台頭、愛すべき者の死、全ての経験が作品に投影されている20世紀の動乱を表す1枚。探している作品の為是非お問い合わせください。

自由で奔放に筆を走らせた銅版画の表現は素直な彼らしさが出ており、高価買取対象作品です。

弊社のビッグデータを活かし、的確で正確な情報を元に最高の買取価格をご提示いたします。

PAGE TOP