ARTIST INFO 作家詳細

大藪雅孝

大藪雅孝の高価査定ポイント

作家評価 1937年~現在に至るまで活躍している洋画家。様々な伝統技法や画材に触れる中で、ポリマー系の絵具と出会った大藪は、水性で油絵具と同じ表現をしたりと、先人達が望んで出来なかった日本人が描く日本の絵が表現できる技法を確立した。今日の混合技法(ミクストメディア)の先駆者でとなる。絵画を平たい立体と捉え、存在感の強い平面として表現した強固な画面はグローバル化する世の中において、日本人本来の美意識、アイデンティティとして示し続けています。
技法評価 油彩やアクリル絵の具を主体に、岩絵の具などの日本画材を融合させた混合技法を用いて制作された直筆作品は、大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 花を描いた作品には定評があります。中でも「牡丹」描いた作品は非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。
買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 大藪雅孝
PAGE TOP