ARTIST INFO 作家詳細

大河原邦男

大河原邦男の高価査定ポイント

作家評価 1947年~現在に至るまで活躍しているイラストレーター。日本最初の専門メカニックデザイナー。『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツのデザインで知られる。デザイン時には木型で玩具を試作し、造形や変形・合体の各種機構の立体での検証を自ら行い、『科学忍者隊ガッチャマン』からは敵メカなどを担当し、高い評価を得る。以後、メカデザイン専門になる。
技法評価 版画作品はアーティストの表現の幅を広げるツールとして支持されており、インテリアとしても非常に人気で需要の高い技法です。大河原邦男先生の版画作品は主にシルクスクリーンとリトグラフで制作されています。どちらも非常に刷りがよく色鮮やかです。今では、版画でしか表現できない作風の物も多く生み出されている為、弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 装甲騎兵ボトムズなどに比べれば、機動戦士ガンダムシリーズの方が絵柄は非常に人気で「好敵手~機動戦士ガンダムガンダムより~」「哀・戦士~機動戦士ガンダムⅡ」などは高価買取に繋がりやすいです。

両脚のない状態で、代わりに大型の推進器を内蔵しているジオング。物語終盤にシャア・アズナブルが搭乗し、主人公アムロ・レイが搭乗するガンダムと死闘を繰り広げる。その死闘のシーンは今見ても心が揺さぶられる。大河原邦男は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

ボトムズは従来のロボットアニメよりもはるかに血生臭い、泥臭いその戦いぶりから、リアルロボットのひとつの終着点として、いまなお語り継がれている。クメン編に至っては、ベトナム戦争さながらの緑の地獄を描き、今でも全話の中人気が高い。荒々しい戦闘模様が一目で感じ取れる作品。大河原邦男は全国的にも人気を集めていますので高額査定が期待できます。

最高機密“素体”を目撃してしまったキリコには、かつて自分が所属していたメルキア軍から追われ続ける宿命が待っていた。流れ着いたウドの街でゴウト、バニラ、ココナたちと出逢ったキリコは、人間らしい心を取り戻していく。そして、自分の運命を狂わせた秘密結社、ウドを支配する治安警察と苦闘を繰り広げていく。当時見ていた記憶を蘇れせてくれる絵柄。 大河原邦男は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 大河原邦男
PAGE TOP