ARTIST INFO 作家詳細

岡本太郎

岡本太郎の高価査定ポイント

作家評価 明治~平成にかけて活躍し、太陽の塔など多くの作品を残した芸術家・洋画家。作品は、絵画、彫刻から、舞台、建築、プロダクトデザインなど多岐にわたり、ピアノ、スキーにも取り組むなど、活動は幅広く「芸術は爆発だ」などの名言でも知られています。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来る直筆作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。特に版画作品の原画は高価買取に繋がりやすい傾向があります。
絵柄評価 作品により評価が大きく変わるが探している作品なので高価買取に繋がりやすい傾向があります。

鶏、ひよこ、卵をイメージした壮大なティーカップセットです。岡本太郎ならではの大胆さと愛らしさが同居する作品です。実用性と装飾性がある他には無いティーカップセットです。岡本太郎の珍しい作品ということもあり、高値相場での査定価格が期待できます。

燃え滾る赤色が起伏の大きな感情を表している。こちらを見つめる瞳は私たちに強い念を送っている。全国的にも人気を集めている岡本太郎作品は、強化買取作家という事もあり、高価相場で買取致しております。

何かを求めるように伸びてゆく。揺らめく感情や、生命体のように、、、鮮烈な色合いで強烈に命が沸き立つ。 刹那的で大きなエネルギーを感じる作品。岡本太郎は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

物凄い力で引き付けられて何かが生まれようとしている。抽象表現で既成概念を破壊しようとする情熱が、静かに爆発している作品。岡本太郎の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

大きな二つの瞳がこちらに向いている。互いの口づけのような深い愛情を感じる作品。二つの沸き立つエネルギーがぶつかり大きな相乗効果を生み出す。作家の内なるエネルギーを感じ取れる作品。岡本太郎は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

真っ赤な血の塊が胸から飛び出す。命の輝きそのものの美しい赤。原野を駆ける孤独な戦う兔。作家の青春時代の詩であり、絵だ。赤い兔は書籍として出版もされている。岡本太郎は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

戦争を経験した岡本太郎。代表作「明日への神話」でも表現する悲劇の瞬間。残酷な歴史を乗り越え、新たな明日が生まれる。前衛的表現で平和を祈る作品。岡本太郎の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

天空を覆う龍のごとき化身。この世を一太刀で滅ぼせそうな禍々しいエネルギー。静と動、陰と陽、対極にあるものを一つにまとめ上げた作家の根幹となる作品。岡本太郎は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

高速で移動する物体の中では時間まで縮む、観る人の視点で相対的に物事は変わる、先見の岡本太郎の視点の先は未来が見えている。買取相場は25万円~30万円前後の価格となります。愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

魚か、鳥か、エネルギーの渦に巻き込まれ、まるでそれは食物連鎖の螺旋の渦。大胆不敵でアバンギャルドな岡本太郎らしい作品です。買取相場は25万円~30万円前後の価格となります。状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

双子座の神話の世界を彼のフィルターを通してここまで昇華させた愛の物語、岡本太郎画伯の叫びが伝わる人気作品です。買取相場は25万円~30万円前後の価格となります。状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

旧約聖書に登場するアダムとイブの創世記を感じさす作品。神は6日間で世界を創造した。そのパラダイスは最高のいこいの時間。買取相場は24万円~27万円前後です。岡本太郎は強化買取作家という事もあり、高価相場で買取致しております。

強烈な構図と鮮やかな色彩。幼少期の好奇心旺盛な心の記憶がよみがえる作品。小さな虫にも命の輝きを感じ、昆虫採集に勤しんだあのワクワク感が絵柄にも出ている。岡本太郎は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

大阪万博のシンボル「太陽の塔」の内部が公開された事を記念して製作された太陽。母への愛情が込められた色鮮やかな太陽には、縄文人の逞しさ、芸術性など、岡本太郎の画業の中でもシンボル的作品だ。岡本太郎は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

哄笑はステンドグラスに採用された絵柄。遊び心にあふれた多くの生活用品を生み出した岡本太郎。たくさんの家族の笑い声が共鳴し合い多くの笑顔が生み出される。作家にとって、「何だこれは!」というものだけが本物なのだ。岡本太郎は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

TOP > 買取ジャンル > 岡本太郎
PAGE TOP