ARTIST INFO 作家詳細

大樋長左衛門

大樋長左衛門の高価査定ポイント

作家評価 楽焼唯一の脇窯として金沢独特のものにし、350年以上継承されてきた窯元。現在の10代大樋長左衛門は文化勲章を受章しており、現代美術と伝統を融合させながら活動をしています。
技法評価 「茶碗」は茶道や観賞用として用いられたりと、幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「黒茶碗」は探しているということもあり高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 大樋焼の特徴でもある茶褐色の「飴釉」や「光悦写」「青釉」「黄釉」などは人気が高く高価査定に繋がりやすくなります。特に「鵬雲斎」「淡々斎」などの家元の書付があると評価が高く、」1色で製作された作品は探しているということもあり特に高価買取させて頂きます。
TOP > 買取ジャンル > 大樋長左衛門
PAGE TOP