ARTIST INFO 作家詳細

織田広喜の買取価格・高額査定ならミライカ美術にお任せください

           

織田広喜の買取査定ポイント

作家評価 大正~平成にかけて活躍した洋画家。独特の目線で描かれる作品は、官能的な美や柔和な雰囲気があり、不思議な落ち着きをもたらしてくれる作品が特徴です。息子は洋画家の織田広比古です。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来る直筆作品は評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 鮮やかな赤色の帽子をかぶった少女は高価買取に繋がりやすい傾向があります。特に顔がかわいらしい作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。

ミライカ美術の織田広喜作品の買取情報

奥には凱旋門、パリジェンヌたちが小粋にシャンゼリゼ通りを歩いています。明るく、華やかな服装でいながらパリ特有のアンニュイな曇り空の特徴がよくでています。セピア調のクールな奥行のある絵柄です。織田広喜の珍しい作品ということもあり、高値相場での査定価格が期待できます。

パリジェンヌの哀愁を感じさせる姿、幻想的に書かれた風景はノスタルジックで見るものに癒しを与えてくれます。指で描く独創的なタッチが他には無い情景を生み出しています。織田広喜は、全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

赤い大きな帽子が特徴的な少女。深い詩情と哀愁を湛え、大きく純粋な人間愛を秘めた作品です。森の中に迷い込んだ童話のストーリーのような絵柄。織田広喜は、愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

シャンゼリーゼは、フランスの首都パリ西部の大通り。東はコンコルド広場から西はシャルル・ドゴール広場に至る長さ1880メートルの通りです。マロニエとプラタナスの美しい並木が続くこの場所を織田広喜の視点から独自のアンニュイな技法でモダンに仕上げた作品。織田広喜は、探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

哀愁に満ちた横顔をしている少女。黄色い帽子を被った大きな瞳が特徴的で、ウェーブのかかった長い髪に大きなリボンが愛らしい。小粋にパリを闊歩する姿が浮かぶ作品。織田広喜は、人気が高く需要も高い為、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

花のコサージュの付いた真っ赤な帽子をかぶり、小粋にパリの街に出る。大きな瞳の眼差しは未来の自分を探している。 織田広喜の代表作の為、弊社では高価買取いたしております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 織田広喜
PAGE TOP