ARTIST INFO 作家詳細

野田弘志

野田弘志の高価査定ポイント

作家評価 1936年~現在に至るまで活躍している洋画家。レオナルド・ダ・ヴィンチから綿々と続く写実絵画の王道を辿る、日本の写実絵画を代表する巨匠。モチーフを細密に写真で記録し徹底した描写でカンバスに再現する粘り強いリアリズム表現が際立つ。1992年以降は低彩度の明るい色を中心としており、画面が安定している。絵画の本質をリアリズムと捉え、その頂点にイタリア・ルネサンスのレオナルド・ダ・ヴィンチを据えている。レオナルド以後の絵画の歴史を衰退の歴史と捉え、その原因として徒弟制度が無くなったこと、時代の進度の加速を原因と挙げている。 同時代の画家では、アントニオ・ロペス・ガルシアを非常に高く評価している。2018年、天皇並びに皇后の肖像画を制作し、宮内庁に奉納する。
技法評価 下地の絵の具を塗り、写真を置いてカーボンを下に敷き絵を写していく、非常に繊細で細密な野田弘志先生の油彩作品は、作品は大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 精密で精巧な人物画を描くのに定評があります。中でもまるで時が止まったかのようなノスタルジーな女性像の作品は非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。
買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 野田弘志
PAGE TOP