ARTIST INFO 作家詳細

蜷川実花
の買取価格・高額査定ならミライカ美術にお任せください

蜷川実花作品を他社よりも高い買取価格で査定しています。
買取査定のポイントや査定シミュレーションを使ってお手持ちの
蜷川実花作品の買取情報を確認されてください。簡単LINE査定も受付中

蜷川実花の高価査定ポイント

作家評価 1972年~現在に至るまで活躍している女性写真家、映画監督。愛称は「ニナミカ」。演出家・映画監督の蜷川幸雄とキルト作家の真山知子(蜷川宏子)夫妻の間に第一子として出生。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がけ、監督作品は『さくらん』『ヘルタースケルター』。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。
技法評価 Cプリント/プレキシグラスという技法の写真を多く手掛けている蜷川実花先生の写真作品は、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 幅広い被写体を捉えてきましたが、その中でも花で全面が覆われた作品「FLOWER ADDICT」「永遠の花」などは非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。

色鮮やかな暖色の一輪の花を主役に、背景を寒色のブルーにすることによって色彩のメリハリが非常に効いている作品。蜷川実花は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

マクロレンズが映し出す抜群のボケの世界を表現している作品。手前のおしべとめしべの前ボケを活かすことで、花弁と滴れる水滴を際立たせている。蜷川実花は人気が高く需要も高い為、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

フィルム写真で撮ったような色彩と絶妙な光加減から、ノスタルジックで妖しさを感じることができる作品。金魚本来の美しさをシルエットで表現している。蜷川実花は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

1700年前、中国でフナが突然変異して誕生したと言われる金魚。日本には室町時代に来ており、様々な交配がなされ多種多様な姿が形成されている。金魚は上から覗くのが主流でしたが、現在は横から見ることが一般的。爽やかな写真から歴史の変遷も感じられる作品。蜷川実花は人気が高く需要も高い為、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

ややローキーで設定することで、寒色の花の色合いを引き出している。あえてハイアングルから全体にピントを合わせることで、小さな花がまとまっている可愛い作品となっている。蜷川実花は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

一見、蝶々が蜜を吸いに花に近づいているかのように見えるが、造花である。永遠に枯れることがない造花をモチーフにしている作品。蜷川実花は人気が高く需要も高い為、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 蜷川実花
PAGE TOP