ARTIST INFO 作家詳細

蜷川実花

蜷川実花の高価査定ポイント

作家評価 1972年~現在に至るまで活躍している女性写真家、映画監督。愛称は「ニナミカ」。演出家・映画監督の蜷川幸雄とキルト作家の真山知子(蜷川宏子)夫妻の間に第一子として出生。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がけ、監督作品は『さくらん』『ヘルタースケルター』。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。
技法評価 Cプリント/プレキシグラスという技法の写真を多く手掛けている蜷川実花先生の写真作品は、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 幅広い被写体を捉えてきましたが、その中でも花で全面が覆われた作品「FLOWER ADDICT」「永遠の花」などは非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。
買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 蜷川実花
PAGE TOP