ARTIST INFO 作家詳細

中里太郎右衛門

中里太郎右衛門の高価査定ポイント

作家評価 江戸初期より当代の十四代にまで、唐津焼御茶碗窯を継承する、唐津焼の伝統ある陶工の家系名。十二代中里太郎右衛門は「唐津焼」の技術において重要無形文化財保持者(人間国宝)として認められており、後に「中里無庵」としても数々の唐津焼の可能性を追求した陶工です。
技法評価 茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「耳付花生」「三島掻落し二彩花鳥文壷」「赤絵魚文壷」「三島掻落し二彩魚文牡丹文偏壷」など「花瓶・花生・壷」作品は探しているということもあり特に高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 古来から行われる成形技法のひとつでもある「叩キ朝鮮唐津」「叩き青唐津」「叩き黄唐津」などの「叩き唐津」作品は探しているということもあり高価査定に繋がりやすくなります。
買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 中里太郎右衛門
PAGE TOP