ARTIST INFO 作家詳細

ミュシャ

ミュシャの高価査定ポイント

作家評価 1860年~1939年にかけて活躍した、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。彗星のごとく現れ、耽美的な女性像に植物の装飾的曲線を配した今も色褪せない優美なデザインは、ミュシャ様式とよばれアール・ヌーボーの巨匠としての地位を確立した作家です。
技法評価 ミュシャが存命中に製作された「オリジナルリトグラフ」は流通量が少なく評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 「四つの時の流れ」「四季」「四つの時の流れ」「四つの花」シリーズや「椿姫」「黄道十二宮」「ジスモンダ」「JOB」「曙」「黄昏」など「女性」をモチーフにした作品は人気もあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

枠から飛び出した立体感のある作品。タバコをふかす妖艶な女性が魅力的で背景の幾何学的図柄も非常にセンスの高い1枚です。アルフォンスミュシャは探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

美しい女性の横顔に12星座が取り巻く荘厳な絵柄。当時のカレンダーに使われたアールヌーボーの代名詞的代表作。アルフォンスミュシャは全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

アルフォンスミュシャは中央にふくよかで美しい女性、彼女が身に纏うシーツの柔らかなな表現、周囲には草花をモチーフにした幾何学模様が細やかに描かれているのが特徴で、この描き方は日本でも好まれ、明治時代から現在までに画家やイラストレーター、デザイナー、漫画家など広く模倣されています。アルフォンスミュシャは探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

アルフォンスミュシャは星や宝石、花などを女性の姿に擬人化して描いたり、四季や四芸術など概念的なものをやはり女性の姿に擬人化した四連の作品を描きました。その華々しい作品は広告用ポスターだけでなく貴族の装飾パネルにまで使われました。アルフォンスミュシャは全国的にも人気を集めていますので高額査定が期待できます。

広告用では無く、貴族から依頼された装飾パネル画。夏を表す向日葵が背景を包み、開放的で優雅な女性像が魅力の作品。アルフォンスミュシャは愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

アルフォンスミュシャは多くの女性を植物や星などをアクセントにして装飾的でありながら、絵画的に挿絵、ポスターを作成しました。特に女性の背後にある輪は光輪と呼ばれ、まるでオーラのような華やかさと輝きがあり作品を際立たせています。アルフォンスミュシャは愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

4枚のフラワーシリーズの中でも唯一正面を向いた女性像、凛とした表情と美しい立ち振る舞い、オーラーのように囲んだ薔薇が最高のデザインです。アルフォンスミュシャは愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > ミュシャ
PAGE TOP