ARTIST INFO 作家詳細

元永定正

元永定正の高価査定ポイント

作家評価 大正~平成にかけて活躍した具体美術協会のメンバー。名実ともに日本を代表する抽象画家(洋画家)。大胆にデフォルメされた特有のフォルム、抑揚のある線や形、豊かな色彩は、創作の原点である自然のかたちや色を連想させ、どこかコミカルでユーモラスな心躍る作風が特徴です。
技法評価 作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 作品の出来により評価が大きく変わるが元永定正の作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。特に1960~1970年代の作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。

二人の相対する色が重なり合い理解が深まっていく。黒に見えるあかみどり色に強いメッセージを感じとれる作品。元永定正は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

夕暮れにも、朝日にも、水平線にも人の顔にも見える、まさに観る側の視点で自由自在に変化出来る、計算しつくされた抽象アートの傑作。元永定正は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

ハンドルに発熱に煙、まさに日本の高度成長と産業革命のオートメーション化を示唆した秀悦な1枚の為、愛好家らに親しまれる作品ですので高価買取致しております。

煌めくグラデーションのコントラストがユーモラスに形態をとりながら、アンフォルメルのよう立体を感じ取ることができる。元永定正の初期を飾る作品となっている。元永定正の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

自然が無数の生物を生み出したように、人間もまた新たな生物(美)を作り出すことができる。この作品も「あみ」が楕円上に張り巡らされている新たな生物が、ゆるりと立ち並んでいる。作品名のオノマトペの音も同時に作品を楽しむことができる。元永定正らしい絵本の世界のような作品。 元永定正は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

煙突からいろいろな色の煙がとめどなく出ている。戦後日本は生産財・資本財が独立の工業として重工業ないし重化学工業を発展させてきた。その代償に公害など多くの問題も生み出してしまった。昔のように澄み渡った空をまた見てみたい。元永定正の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

3進数は3個の組合せである。0、1、2とか<ない><足す><引く>など何でも良い。電気が流れない、右から 左へ流れる、左から右に流れるこれでも表現できる。コンピュータもこれを利用して計算を考えると2進数よりも少ないビット数で多くの数値を表されることが 出来る。三進法は無限の可能性と万物自然の法則を読み解ける。元永定正の珍しい作品ということもあり、高値相場での査定価格が期待できます。

人の空間認知は面白いもので、右と左という概念は、上と下が決まらないと生まれない。今作はあえて雲や空を連想する物を描き、上下の概念を生んでいる。そこで我々は初めて右と左と言う方向を生み出せる。シンプルな表現だが考えさせられる作品。元永定正は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

オブジェのような立体的作品。日常の事物や素材、空間を存分に生かしきり、愛情をそそぎつつ、どこかおかしみがあって、視覚的には圧倒的な力をもつ絵画作品へと見事に変換している。元永定正は珍しい作品ということもあり、高値相場での査定価格が期待できます。

元永定正の作品は日常の流れの中に一種の穏やかな渦を生み出す。奇妙な、見知らぬものではあっても、不思議と人を後込みさせはしない。ユーモラスな気分に引き込まれてついつい親しみを覚えてしまう愛らしい絵柄です。日常とこうした幸福な関係を結んでいるペコちゃんのようなマスコット的作品です。元永定正は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

大きな山のような生物が口を開けているシルエットは、元永定正の多くの作品にみることができる。前衛的、抽象的でありながら、小さな子供達でも納得するような具体性を秘めいています。元永定正は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 元永定正
PAGE TOP