ARTIST INFO 作家詳細

三輪休雪

三輪休雪の高価査定ポイント

作家評価 江戸時代より当代の十二代にまで、三輪窯という伝統ある窯元で代々襲名している陶芸作家としての名跡。十代三輪休和と十一代三輪壽雪は「萩焼」の技術において重要無形文化財保持者(人間国宝)として認められており、高価査定が期待できる作品が多いです。
技法評価 「茶碗」は茶道や観賞用として用いられたりと、幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「花月碗」「窯変割高台茶碗」「わり高台茶碗」「「シルクロード耳付大碗」「オーロラ碗」など「茶碗」作品は探しているということもあり特に高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 十一代三輪壽雪の代表作の、観る者をいまも圧倒し続ける「鬼萩」作品は探しているということもあり高価査定に繋がりやすくなります。

休雪の名の如く大地に雪が積もったかのような表現が魅力的な茶碗。雪のような白い釉薬が全体を覆うが冷たさを感じさせず、逆におおらかで温かみのある茶碗です。全国的にも人気を集めていますので高額査定が期待できます。

TOP > 買取ジャンル > 三輪休雪
PAGE TOP