ARTIST INFO 作家詳細

松井冬子

松井冬子の高価査定ポイント

作家評価 1974年~現在に至るまで活躍している日本画家。6度目の受験で東京藝術大学美術学部入学。2002年に東京芸術大学美術学部日本画専攻卒業。2007年、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻日本画研究領域修了。博士論文「知覚神経としての視覚によって覚醒される痛覚の不可避」を東京芸術大学へ提出し博士(美術)の学位を取得。女性、雌に焦点を当て、幽霊画、九相図、内臓、脳、筋肉、人体、動物を題材に採った作品を発表している。絹本に岩絵具を用いて描く作風が特徴。
技法評価 古典的な日本画の技法で描かれる美しくもおぞましき世界を表現している松井冬子先生の日本画作品は、大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 恐怖、狂気、ナルシズム、性、生と死などをテーマに描いた人物画は定評があります。その中でも精神的肉体的な「痛み」を視覚的に感じとれる作品「浄相の持続」「終極にある異体の散在」などが人気で高価買取に繋がりやすいです。

インパクトのある作品と特異な経歴、そしてその美貌と共に数年前一気に時の人となった松井冬子。横たわる裸婦の体が切り裂かれ、内臓が露わになっている。作品の中心に位置する子宮の胎児も露わになっている。女性の表情は、冷静で兆発的、かすかな微笑みもさえも感じられる。狂気の中の美と言う、今までに見たこともない表現。強烈な違和感が作品を印象的にしている。松井冬子は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

線と透明感のある彩色が魅力の松井冬子。さらに線を生かした表現が目を引く。松井冬子はエッジが効いてて耽美でウェットでドロドロした作品を描く。今作の犬の絵も内臓を引きずりながら歩くセンセーショナルな絵柄だ。この強烈な違和感が記憶に残る。松井冬子の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 松井冬子
PAGE TOP