ARTIST INFO 作家詳細

間部学

間部学の高価査定ポイント

作家評価 1924年~1997年にかけ活躍した洋画家、現代アート作家。熊本県に生まれる。在学中クレヨン油絵具を購入し、石油で絵を解き、独学で油彩画を描き始める。初期には遠近法などを踏まえた再現描写が試みられたが、1950年代に入ると、具象表現でありながら、自然の形態や色彩から離れ、単純な幾何学的色面に対象を分解したのち再構成する作風へと展開し、1960年代には抽象的作風へと移行した。数を限って明快な色彩を用い、大胆な構図で「生命」「望郷」「雄飛」などの抽象概念を表現した作家。
技法評価 明快な色彩を用い、大胆な構図で描かれた間部学先生の油彩作品は大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 ブラジルのピカソとも呼ばれ、抽象画には定評があります。彼の代名詞とも言うべき抽象画の作品「夢の話」「黄金」などは非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。
PAGE TOP