ARTIST INFO 作家詳細

間部学

間部学の高価査定ポイント

作家評価 1924年~1997年にかけ活躍した洋画家、現代アート作家。熊本県に生まれる。在学中クレヨン油絵具を購入し、石油で絵を解き、独学で油彩画を描き始める。初期には遠近法などを踏まえた再現描写が試みられたが、1950年代に入ると、具象表現でありながら、自然の形態や色彩から離れ、単純な幾何学的色面に対象を分解したのち再構成する作風へと展開し、1960年代には抽象的作風へと移行した。数を限って明快な色彩を用い、大胆な構図で「生命」「望郷」「雄飛」などの抽象概念を表現した作家。
技法評価 明快な色彩を用い、大胆な構図で描かれた間部学先生の油彩作品は大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 ブラジルのピカソとも呼ばれ、抽象画には定評があります。彼の代名詞とも言うべき抽象画の作品「夢の話」「黄金」などは非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。

真っ青な空と照り付ける太陽。陽炎で揺らめく暑い夏の日、少女はまた一つ大人の階段を登っていく。爽やかな風がスカートを揺らし、彼女の闊達さを感じ取れる1枚。間部学は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

どこに向かうわけでもない。物体が羽衣のようにヒラヒラと浮遊している。時には何も考えずにふわふわとした気持ちで過ごすのもいいだろう。間部学らしい力強い赤を基調とした作品。間部学は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

紫の着物を着た「まひる」という少女がうずくまっている。それとも真っ赤な背景で燃えるように暑い「真昼」を表しているのか。抽象的ながら激しい間部学らしい作品。間部学は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

何か闘牛のような大きなものが激しい砂ぼこりを立てながら突進している。それはただ一心不乱に猪突猛進しているのではなく、自分が行うべき正しい道を歩んでいると感じさせる、勢いのある作品。間部学の古い作品ですので、状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

躍動的で混じりあう強烈な色彩のコントラストとなって、背景の金彩が言い伝えられてきた人為的、自然的現象を強調している美しく煌びやかな作品。間部学は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

摩訶不思議な夢の中。登場人物も時系列も秩序のない混沌とした世界を見た記憶は、起きた時にはもう覚えていない。様々なものが交錯する夢を抽象的に表していて、シュルレアリスムを彷彿とさせます。抽象画家の間部学らしい作品。間部学の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

PAGE TOP