ARTIST INFO 作家詳細

ロバート・ロンゴの買取価格・高額査定ならミライカ美術にお任せください

           

ロバート・ロンゴの買取査定ポイント

作家評価 1953年~現在に至るまで活躍している現代アート作家。1981年、写真を精巧に模写した、木炭やグラファイトを用いたドローイングによる絵画作品「メン・イン・ザ・シティ」を 発表し、高い評価を得ます。その後、絵画や版画のみならず、ビデオアートや映画制作の分野にも進出しています。ドローイング、コンバイン作品、パフォーマンス、映画、ビデオ、音楽など様々な芸術表現を用いて1980年代から活躍する現代アーティスト、ロバート・ロンゴの作品は高く評価されています。
技法評価 エッチングやリトグラフなどの技法を用いて制作されたロバート・ロンゴの版画作品は、フラットな版面でインテリアとしても非常に飾りやすく、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 映画監督である彼ならではの、役者に動きを持たせたような躍動的な人物画「Rick」「Barbara」などは人気で高価買取に繋がりやすいです。

ミライカ美術のロバート・ロンゴ作品の買取情報

今にも膝から崩れ落ちそうなこの女性は、何に怯え、苦しみ悶えているのだろうか。撮影現場では、実際にモデル石などの小物を投げて、苦しみの表情を撮影しているという。映像作品を中心に活躍している、ロバート・ロンゴらしい動きによって表現されている作品。ロバート・ロンゴの作品は、探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

束縛から解放された喜びを全身で表現している作品。自由になり、人生が豊かになることを彼は確信しているのだろう。ロバート・ロンゴの作品は、愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

ヨーゼフ・ボイスは、ドイツの現代美術家・彫刻家・教育者・音楽家・社会活動家。 初期のフルクサスに関わり、パフォーマンスアートの数々を演じ名を馳せたほか、彫刻、インスタレーション、ドローイングなどの作品も数多く残している。ヨーゼフ・ボイスの作品は難解でとっつきづらいのも事実だ。あえてそれの解読に挑んだかのような作品。ロバート・ロンゴの作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

「死」からインスピレーションを受けて作成されており、勢いのあるダンスのワンカットのような作品。作品タイトルは「癒しの役割を司る大天使」からきているのか。ロバート・ロンゴの作品は、愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

ロバート・ロンゴを一躍有名にした「Men in the cities」の中の代表的な作品。独特の動きのあるポーズから、俳優のエネルギーと活力を感じさせる。ロバート・ロンゴの「Rick」は、注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

激しくダイナミックな波を表現している作品は、まさに静寂とは真逆。静かではない波というところが、映像作品を中心に活躍したロバート・ロンゴらしい。ロバート・ロンゴの作品は、注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > ロバート・ロンゴ
PAGE TOP