ARTIST INFO 作家詳細

黒木国昭

黒木国昭の高価査定ポイント

作家評価 昭和~現在に至るまで活躍し、現代のガラス芸術を代表するガラス工芸家。幾層ものガラスの間に金箔やプラチナ箔を散らし、埋め込みなどの技法と色ガラスを組み合わせた豪華絢爛な作品が特徴的。高価査定が期待できる作品が多いです。
技法評価 茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。特に大きな作品は流通量が少なく評価も高くなる傾向があります。
絵柄評価 金箔・プラチナ箔を用いて「花鳥風月」などを華やかに表現した「象嵌」作品は探している作品ということもあり高価査定に繋がりやすくなります。特に「光琳」シリーズが高価査定に繋がりやすくなります。

大胆な構図で画面を縦断する梅の木が目を引く灯篭。中の電灯を灯すとより美しく絵柄が輝き出します。優しく柔らかな光が人々の心を癒してくれる素敵な作品です。珍しい作品で、相場に左右されにくい為、高価買取致しております。

銀箔に輝くプラチナの柄はまるで、何万年も経た地層の柄模様。そこに貝やヒトデの化石にように複雑に絡み合う文様が作品をより神秘的に輝かせています。プラチナが使われている作品は人気で弊社では高価買取致しております。

海と砂浜を思わせる美しい造形、中央に飛び交う貝殻がより一層作品を色華やかに彩ります。本当に美しい作品ですので、弊社も高価買取致しております。

深い緑に美しい金彩、なにより海の浜辺のような流麗な模様と貝殻のように光輝くアクセントの柄が見る者を魅了します。新しいガラス工芸を生み出した作家ですので弊社では集めています。

TOP > 買取ジャンル > 黒木国昭
PAGE TOP