ARTIST INFO 作家詳細

クリスト

クリストの高価査定ポイント

作家評価 1935年~現在に至るまで活躍している芸術家・現代アート作家。対象を包む、視界を遮るという独自のスタイルで制作活動を続け、カラフルな布などにより「梱包」された見慣れた景色は一変し、観る者に新鮮な驚きと感動を与え、その活動は美術界だけでなく社会的にも大きな話題を投げかけてきた作家です。
技法評価 「パネル」「厚紙」などに「コラージュ」したオリジナル作品は流通量が少なく希少価値が高いです。しかし複製品・ポスターなどは大量に流通しているため評価が低くなる傾向があります。
絵柄評価 「Wrapped walk ways」「Puerta de Alcala, wrapped, Project」「Wrapped Telephone」「Wrapped Tree」などは探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。特に「コラージュ」作品は高価買取に繋がりやすい傾向があります。

あらゆる物を包むというテーマの中で、現実ではあり得ないニューヨークのビルを包む。ギフトとしてビルが贈られるかのようなエンターテインメントを感じる斬新な作品。買取相場は47万円~52万円前後です。クリスト作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待出来ます。

今やデジタル社会の渦に飲み込まれた人類からしたら、包まれた懐かしの黒電話はその事象の始まりの産業遺産なのかもしれない。メッセージ性の強いクリスト作品は、人気も高く高値相場での査定が期待できます。

博物館の彫刻も、丸ごとラッピングされる事で、まるで違うものを見る様だ。隠す事と顕著化する事。ラッピングする事で、無意識は意識化される。クリストは強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

美しい形のアンティークな電話機を包んでしまうと、全体像から電話だと想像できるが、日常見ているものとは、別物になってしまう。 まるで何も話したくないと言っているようでもあり、ただそこに在る彫刻に変わってしまったようでもある。クリストの作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

公共の空間を丸ごと梱包してしまうアート。見慣れた都市の景観が突然、変貌する。スケールの大きさと、突如現れる見慣れぬ風景に驚愕するのだ。クリストは注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

ニューヨークのマンション群の中に、パブリックアートとして存在するピカソ作シルベットの胸像を、包んでしまう。覆い隠す事によって、そこに内在する形態、意味、歴史などが浮き彫りにされる。クリストは強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

NYのセントラルパークが、サフラン色の布で様変わり。7500以上のゲートが造られ、布が美しくはためく。23億円もかけたこの展示は、期間が終わると撤収される。芸術とは記憶をつくる装置であり、お馴染みのセントラルパークの周りのアパートメントも、芸術の内の一つとなっている。クリストの古い作品ですので、状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

イタリア統一の英雄、ヴィットリア。エマヌエーレ2世の巻かれた銅像と対比する無数の彫刻が施されたミラノのデゥオモは美しさが際立つクリストの代表作です。強化買取作家という事もあり、高価相場で買取致しております。

18世紀、カルロス3世の為に建設されたアルカラ門。スペインのマドリード市街の東門として使われた、壮大で象徴と言える門が、ある日丸ごとラッピングされる。歴史的建造物を置きなおし、新たに捉えなおすきっかけになる。クリストは注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

イタリア、ミラノのスカラ広場にたつレオナルド・ダヴィンチ像。業績を物語るレリーフも、弟子達の像も丸ごと包んでいる。街に溶け込む歴史的なモニュメントを梱包する事で、中身は分かっているのに、ラッピングにより革新的意味が与えられるアートだ。クリストは強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

スヌーピーの原作者、チャールズ・シュルツのサンタローザの街にある博物館に飾られている、この立体物。漫画にもスヌーピーの家をラッピングするオチが描かれている。現実には無い、漫画の世界観さえラッピングされてしまうのだ。クリストは強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

TOP > 買取ジャンル > クリスト
PAGE TOP