ARTIST INFO 作家詳細

近藤悠三

近藤悠三の高価査定ポイント

作家評価 明治~昭和にかけて活躍し、「染付」の技術において重要無形文化財保持者(人間国宝)として認められている陶芸家。常に新たな技法に挑戦し、濃麗な大装飾画面や大胆豪放な画境を切り開いた作家さんです。
技法評価 茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。特に大きな作品は流通量が少なく評価も高くなる傾向があります。
絵柄評価 純金の金泥の鮮やかな輝きを放つ「金彩」作品は探しているということもあり高価査定に繋がりやすくなります。
TOP > 買取ジャンル > 近藤悠三
PAGE TOP