ARTIST INFO 作家詳細

小林孝亘の買取価格・高額査定ならミライカ美術にお任せください

           

小林孝亘の買取査定ポイント

作家評価 1960年~現在に至るまで活躍している現代アート作家。大学卒業後の活動初期には、外界との接触を極力避けていた自分自身を、「潜水艦」というモチーフに投影し、9年間にわたって繰り返し描画。95年に水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催した「水戸アニュアル '95―器と物差し」では、柔らかな木漏れ日に包まれた公園の水飲み場や犬などを描いた作品を発表するなど、自身の内面の移り変わりによって作品を変化させていった。90年代後半より、器や枕など日常的なものを題材に、普遍性と光に重点を置いた絵画を制作していった。
技法評価 日常的なものを題材に、普遍性と光に重点を置いた小林孝亘先生の油彩作品は、大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 日常に埋もれている何気ない事象を具体的に人物画で表現するのに定評があります。その中でもポートレート作品「Portrait-Glasses」「Portrait-Kimono」などが非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。

ミライカ美術の小林孝亘作品の買取情報

2006-2011年ごろに集中的に描いたポートレートシリーズ。少し緊張気味なのか顔つきは少しこわばっているが、人間のありのままを描こうとした小林孝亘らしい作品。小林孝亘は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

死人の身体から離れた魂は、どこへ行くこともなくただ森の中を彷徨う。「光は、『存在』というものを実感できる状態に、私を導いてくれる」。これは作者の言葉です。身近な事物や風景を題材にしながらも、静謐で神秘的な絵画世界を創り出す小林孝亘。戦って散っていった者たちを弔う作品か。小林孝亘は、現在注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取価格にて査定しております。

健やかに眠る少年の顔つきは穏やかで、少し微笑んでいるように見える。毎日が楽しい少年の夢もまた、充実したものであるのだろう。暖かく満ち足りた作品。小林孝亘は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

無表情でありながら不安と葛藤、そして「私はここにいる。」という心の声を感じ取ることができる作品。小林孝亘の代表的なポートレートシリーズとなっている。小林孝亘は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

ノイズが多い現代社会において、あえて無表情というありのままの表情を描いている作品。小林孝亘の代表的なポートレートシリーズとなっている。小林孝亘は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

大胆に切り取った画角と、まっすぐと見つめる表情はシワ一つとっても魅力的な作品。顔はその人となりと心を表す。ウインクするその表情は、心穏やかな状態と読み取れる。小林孝亘は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 小林孝亘
PAGE TOP