ARTIST INFO 作家詳細

木村圭吾

木村圭吾の高価査定ポイント

作家評価 1944年~現在に至るまで活躍している日本画家。中学生時代から画家を志し、山村眞備に入門。日本画科卒業後は山口華楊に師事。2003年には「木村圭吾さくら美術館」を静岡県長泉町に開館。幻想的な魅力あふれる作品で多くのファンを獲得し、注目されています。特に桜を題材とした作品を数多く手掛けており、透明感を全面に出した作風は実に見事で迫力があります。平成11年に放送されたNHK大河ドラマ「元禄繚乱」装画を手掛けるなどの活躍も見せ、実力が認められているます。彼は現在もどこの美術団体に属する事なく多くの作品を発表し続けています。
技法評価 森羅万象をめぐる作家の壮大な宇宙観を表した木村圭吾先生の日本画作品は大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 桜は月と相性が良く、妖艶な月の光を浴びた艶やかな桜が魅力的で定評があります。その中でも桜と夜月を題材にして描かれた風景作品「桜花爛漫龍桜」「夜桜」などは非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。

燃え盛るかがり火に照らされた満開の桜が画面を覆いつくし、幻想的な模様を生み出しています。炎と桜の対比が強烈な印象を生んだ名作な為、探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 木村圭吾
PAGE TOP