ARTIST INFO 作家詳細

河井寛次郎

河井寛次郎の高価査定ポイント

作家評価 明治~昭和にかけて活躍し、人間国宝文化勲章を辞退した無位無冠の近代を代表する陶芸家。中国朝鮮の古陶磁にヒントを得ながら、独自の技法と作風を創りあげ、柳宗悦らと民芸運動を推進し、「用の美」を追求した素朴でありながら自由奔放で芸術性の高い独特な作品が特徴的。高価査定が期待できる作品が多いです。
技法評価 茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「花扁壷」「赤青黒扁壷」「筒描紋扁壷」などの「扁壷」作品は探している作品ということもあり特に高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 赤、黒、緑の釉薬を器肌に打ち付け、そのほとばしる滴のリズミカルな調和によって、自由奔放な躍動美が表されている「三色」作品は探しているということもあり高価査定に繋がりやすくなります。

一目で分かるドッシリとした重量感でありながら、柔らかく温かい造形の茶碗、一筆でさらっと描く絵付けは迷いのない彼の心を映し出しています。寛次郎作品人気の為、弊社では高価買取を致しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 河井寛次郎
PAGE TOP