ARTIST INFO 作家詳細

金重陶陽

金重陶陽の高価査定ポイント

作家評価 明治~昭和にかけて活躍し、備前焼として初めて重要無形文化財保持者(人間国宝)として認められてた陶芸家   「備前焼中興の祖」と称され、重厚な窯変に温かみのある造形と、無駄をなくし全てをそぎ落とした隙のない独特の作品が特徴的。高価査定が期待できる作品が多いです。
技法評価 茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「耳付花入」「壷花瓶」「福寿文花入」「矢筈口花入」など「花瓶・花入・壷」作品は探しているということもあり特に高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 釉薬(ゆうやく)を使わない焼き締めによる制作方法や赤みの強い味わいや「窯変」によって生み出される模様が特徴的。胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでおり、一点として同じ形も焼き味も同じものは無く高価査定に繋がりやすいです。
買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 金重陶陽
PAGE TOP