ARTIST INFO 作家詳細

金子國義

金子國義の高価査定ポイント

作家評価 1936年~2015年にかけ活躍した画家。 埼玉県蕨市出身。バレエ公演を観て憧れ、バレエを習う。1959年、日本大学藝術学部入学。歌舞伎舞台美術家の長坂元弘に師事し、舞台美術を経験する画壇デビュー後、世紀末的・デカダンスな雰囲気を漂わせる妖艶な女性の絵を描いていきます。活動・表現領域は幅広く、多くの書籍・雑誌の装幀画・挿絵を手がけたことで知られています。
技法評価 油彩、水彩、鉛筆画、墨絵や、版画のみならず、写真家としても活動しており、写真集も出版しています。その中でもエッチング(銅版画)という版画技法は緊張感があって、完成度が高い為、高く評価されています。
絵柄評価 自由奔放で大胆な構図とエロティックな視点で描かれる人物の表情は魅惑的で、一度観ると脳裏に焼き付いて離れないような作品が非常に多いです。中でも世紀末的・デカダンスな雰囲気を漂わせる妖艶な女性をテーマにしたエロティックな作品は非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。

ホリプロ30周年を記念の際に作成した作品。「FAIRY」を4種類作成しており、本作品は「FAIRY 2」になる。金子國義らしいイラストのテイストが感じられる作品となっており、特に全四枚揃っている状態は高価買取に繋がりやすいです。金子國義は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

堂々とした雰囲気の少女だが横目で見る視線から周囲を意識しているようである。気が強くておませな女の子がおめかしをしている、思春期の甘酸っぱさを感じる作品。金子國義の作品は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

艶のある唇、くっきりとした瞳、クールな美女から危険な香りが漂う。美徳なのか、悪徳なのか。相容れない対照的な人間の危うさを表現している金子國義の作品は人気が高く、高価買取を行っております。

怪盗や諜報活動を行った者のように、つながれた貝殻によってしっかりと体を拘束されている。貝殻はまるで鎖のようであり、黒い背景が背徳感を強くしている。金子國義が描く独特で退廃的な世界観は人気で評価が高く、高価買取に繋がりやすいです。

ハートの女王を前にアリスはひれ伏さず突っ立ったまま。女王は怖い顔で叫びます。「おまえは誰だ!」と。兵隊の大群もいるにも関わらず堂々としているアリスの場面を描いている。金子國義の「不思議の国のアリス」シリーズは全国的にも人気を集めていますので高額査定が期待できます。

不思議の国のアリスの有名な一コマ。時間が止まったまま終わらないお茶会を続けている場面を描いている。テーブルには無数の食器が並べられ、とても大きなテーブルなのに3名はひとかたまりに集まり、「満員!」と叫ぶ。ムッとして椅子に腰掛けているアリスの表情が印象的な作品。金子國義の「不思議の国のアリス」シリーズは 探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 金子國義
PAGE TOP