ARTIST INFO 作家詳細

ジョウ・ナイトウ

ジョウ・ナイトウの高価査定ポイント

作家評価 1947年~現在に至るまで活躍している画家、イラストレーター。日本が誇るワイルドライフ・アーティスト。アフリカやアラスカなどへ出向き、動物や植物を自分の眼で見て観察したりスケッチする。ジョウ・ナイトウは、精密な写実主義とハイパーリアリズムを信条とし、レイ・ヨーキー・ウッドソン美術館(アメリカ・ウィスコンシン州)主催の「バード・イン・アート展」の日本人として二人目の入選者でもある。
技法評価 版画作品はアーティストの表現の幅を広げるツールとして支持されており、インテリアとしても非常に人気で需要の高い技法です。ジョウ・ナイトウ先生の版画作品は主にシルクスクリーンとジークレーで制作されています。どちらも非常に刷りがよく色鮮やかで、動物の細かな毛並みまで見事に表現されています。今では版画でしか表現できない作風の物も多く生み出されている為、弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 色々な種類の動物の絵を描いていますが、その中でも蒼いシリーズの狼の絵柄「蒼い夜」「蒼い月」「蒼い雪」「蒼い森」などがスリリングで迫力が有り人気の作品の為、高価買取に繋がりやすいです。

真っ赤な夕暮れに照らされたハイイロオオカミの凛とした姿が印象的な1枚。力強い視線は厳しい自然で生き抜いて来た自負を感じ取れる名作の為、高額査定が期待できます。

TOP > 買取ジャンル > ジョウ・ナイトウ
PAGE TOP