ARTIST INFO 作家詳細

石ノ森章太郎

石ノ森章太郎の高価査定ポイント

作家評価 1938年~1998年にかけ活躍した漫画家。SF漫画、ギャグ漫画から学習漫画まで幅広い分野で作品を量産し、「漫画の王様」、「漫画の帝王」と評された。代表作は『サイボーグ009』、『佐武と市捕物控』、『さるとびエッちゃん』、『人造人間キカイダー』、『マンガ日本経済入門』、『HOTEL』など。仮面ライダーシリーズを始め、特撮作品の原作者としても活躍した。
技法評価 版画作品はアーティストの表現の幅を広げるツールとして支持されており、インテリアとしても非常に人気で需要の高い技法です。石ノ森章太郎先生の版画作品は主にジークレーで制作されています。作家監修の直筆サインが入った版画と、製作途中で先生が亡くなられた為、スタンプサインのエステート版があります。生前作の直筆サインが入った作品の方が希少で評価も高い為、弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 多くの人気作品を手掛けられていますが、やはり代表作の「仮面ライダーシリーズ」が人気で「瞳のジュン」「THE WIND BLOW」「仮面ライダーGO!CYCLONE」が高価買取に繋がりやすいです。

「サイボーグ009」という作品を、作者は完結させようと、最強の敵を登場させます。それが、“神”。神と闘う完結編を、雑誌を変えて、新シリーズとして再開させたのが、「神々との闘い編」です。サイボーグ戦士たちは何のために戦うのか。争い事が絶えない混沌とした状況の中で彼らは何をしたらいいのか。サイボーグ戦士たちは自分たち自身の信ずる正義のために戦います。宗教、イデオロギー、貧困、差別と言った様々な要因に根差した民族紛争、テロ、世界中多くの問題を抱える中で、私達の一つも答えを提示したのかもしれません。石ノ森章太郎は全国的にも人気を集めている作品ですので高価買取が期待出来ます。

加速装置を使ったジョーのスピード感を感じ取れる名作。ブラックゴーストを打ち破り宇宙規模の戦いを終えたジョーの事はみんな忘れないだろう。弊社で探している作品ということもあり、相場以上の買取価格が期待出来ます。

ジョーは、ブラックゴーストによって先に改造されていた7人の技術を結集してつくられた、00ナンバーズにおける試作型サイボーグの完成型。特長は加速装置で目にもとまらぬ速さで行動できること。ブラックゴーストの開発している戦闘用サイボーグの基本となっており、彼を基準にその後も数々のサイボーグが開発されている。 その実力からゼロゼロナンバーのリーダー的存在である。石ノ森章太郎は愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

当時最先端の概念であった人造人間という概念を世に知らしめた名作。機械の頭脳に人間の心。良心と悪魔の心の狭間で戦う今までにないヒーロー像が人気の為、探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

ブラックゴーストのゼロゼロナンバー。双子のサイボーグであり、009の後に開発された改良型サイボーグである。兄+と弟-の双子のサイボーグ。能力は009と同じ加速装置及び超高圧電撃放射である。双方が強力な電極であり、近づきすぎるとショートしてしまうため一定の距離を保って行動している。石ノ森章太郎は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

サイボーグ009は、米ソ東西冷戦が背景になり、ベトナム戦争を舞台にするなど反戦色のあるテーマが色濃く出ているのが特徴があります。それらと並び、世界各地の神話や古代文明に題材をとったシリーズ、人種問題や異文化同士の軋轢、文明社会の抱える問題について考えさせられるエピソードも多いです。主人公たちが出会った人々の内面の葛藤や、人間と機械の狭間での悩みなどもテーマとして取り上げられるが、基本的には石ノ森作品に共通する、正義を守るヒーローの姿に哲学的な重みを持たせたシリーズです。今作は海底ピラミッド編でしょうか。海の敵と戦っています。重厚なメカの描写など当時としては革新的でした。石ノ森章太郎は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 石ノ森章太郎
PAGE TOP